会社帰りに寄り道して事故った場合、労災は適用される?

労災保険

スポンサーリンク

転職支援実績No.1

私もリクルートエージェントを利用して転職活動をしたことがありますが、コンサルタントは非常に親切で好感を持ちました。

希望に合った求人を紹介してもらえるので、在職中の方も仕事をしながら転職活動をスムーズに進めることが可能です。

会社帰りに、通勤経路にはではないコンビニに立ち寄りのそ帰り道で事故を起してしまいました。その場合でも労災は適用されますか?

私用で、寄り道した場合は労災は適用されません。

労災保険法の給付対象者

労災保険法は、勤務中の事故だけではなく、通勤中の事故や怪我をした場合に労災保険の給付の対象になります。

しかし、給付の対象になるにはあくまで会社に申告した通勤経路でのみ有効というのが基本的な考えになります。ということは、質問者様のように、会社帰りにの経路を外れてちょっとコンビニに寄り道をして、コンビニの駐車場などで事故にあった場合は、労災の給付対象にはならないのか?

まずは法的に考えてみましょう。

労災保険法での通勤の定義は『就業に関し、住居と就業の場所と間を合理的な経路および方法で往復すること』と明記されています。

まとめると、自宅と職場を寄り道せずに真っ直ぐ向かうことということになります。通勤経路を外れた時点で、通勤とは見なされなくなります。

ですので、会社帰りに同僚と飲みに行くとか、同僚の家に遊びに行った際の事故は、労災の受給を受けれる可能性は低いでしょう。労災は通勤時に適用されるので、以上のことをまとめると、寄り道をして事故を起した場合、労災の適用は難しいと言えます。

しかし、会社に関係する用事(スクールなど)や通院などの場合は、認められる場合もあるみたいです。

では、通勤経路内にコンビニがあって立ち寄り、そこの駐車場で事故にあった場合はどうなるのか?

その場合は、通勤経路内での事故になるので、労災の適用範囲に入る可能性が高いです。

自分の適正年収を調べる

「転職サイト@type」に登録すると自分の適性年収を調べることができます。

私も無料診断したら、今の年収よりも44万6千円も高い結果が!

もちろん、全てのサービスを無料で利用できるので、求職中の方はもちろん、就業中の方も、自分の適正年収がどれぐらいなのかを調べてみて下さい。