会社を辞める

このページを観覧しているということは、何かしらの理由で、会社を退職することを考えていると思われます。どんな理由であれ、退職するということはそれなりの決意や覚悟が必要になります。

また、初めて退職する人は、退職にあたり、どの様なことをしていけば良いのか分からないこともあるでしょう。この項目では、「円満退社はできるのか?」「転職活動は上手くいくのか?」「会社を退職するメリット・デメリットは?」「実際に退職した後は何をすればいいのか?」といった不安を少しでも解消できるようにサポートしていきます。

なぜ、会社を辞めるんですか?

そもそも、皆さんが転職を考える理由は何ですか? 転職したい理由は大きく分けて三つ考えられます。

一つ目は『マイナス転職』

onna6

マイナス転職とは、『労働環境に不満がある』『上司が嫌い』『雰囲気に馴染めない』『給料が安い』などのマイナスな理由が挙げられます。

では具体的にどういうことなのか?

とりあえず辞めたい、環境を変えれば良くなるだろう、今の上司は自分を評価してくれないが次の会社の上司は認めてくれるだろう。従業員への不満、仕事内容の不満、給料の不満、就業時間の不満。

マイナス転職とは、会社に対して不満を持って転職したい人のことを指します。面接などで一番印象を悪くする理由になります。

二つ目は『プラス転職』

onna7

プラス転職とは、『他にやりたいことが見つかった』『キャリアアップしたい』などのプラスな理由が挙げられます。

では具体的にどういうことなのか?

現在の職場には特に不満が無いが、他にやりたいことを見つけた、今の職場に入ったときから、ここまでのスキルを身に付ければ転職するつもりだった。こういった人はプラス転職と言えるでしょう。

一見、良いように思えますがもう一度しっかり考えてください。例えば具体的にやりたいことが明確にある場合は、何の問題もありませんので、プラス転職といえるでしょう。しかし、『パソコンを使った仕事がしたい』や『機械設計の仕事がしたい』など漠然とした目標なら、その転職が成功する可能性は低いと言えるでしょう。

機械設計の仕事といっても様々な仕事があります。『CADオペレーター』『機構設計』『部品設計』『アセンブリ』飛行機や電子レンジなど開発・設計する商品も様々です。その中で自分が何をしたいのか? それをするのにどんな知識が必要なのか? 現実的に転職できるのか?

などを考えて初めて本当のやりたい仕事が見えてきます。

三つ目は『仕方のない転職』

onna8

仕方の無い転職とは『会社が倒産した』『リストラされた』『健康面で余儀なく』などが挙げられます。

仕方のない転職は、自分ではどうしようも出来ません。しかし、仕方がないから自暴自棄になるのではなく、それでも生活するためには、新しい仕事を積極的に探さなければなりません。

ただ、会社の倒産やリストラといった会社都合での退職は、今後、手続きをする失業保険の給付手続きで有利になりますので、そこまで悲観する必要はありません。

最初から楽しい仕事なんてなかなか出会えない

入社したがやりたいことが出来ずに、面白くないので辞めたいと思っているあなた。

入社してすぐやりたいことが出来て楽しくて、バラ色の職場生活をおくれる人なんて1割もいないと思います。最初は研修期間中に、簡単で面白くないことをさせられるかもしれません。

続きを読む

会社を辞めるリスク(心構え)

何度も言いますが、会社を辞めるということはそれ相当のリスクを負います。

収入が無くなり、会社の人間関係が絶たれ、色々な手続きをしなければいけないし、周りが自分を見る目も変わります。それでも職場を変えたいのであれば突き進むしかありません。

続きを読む

会社を辞める前にすること

いざ会社を辞めると決断したら会社を辞めるまでにしなければいけないことを考えましょう。

上司への意思表示、会社に提出する書類、関係者への挨拶、家族の了承を得なければいけない方もいらっしゃるでしょう。会社を辞めるのは人生の分岐点といえるほど大きな出来事になります。

続きを読む

会社を辞めた後にすること

無事に会社を退職できたら、もう前職のことはきっぱり忘れましょう。

もう次の人生が始まっているんだから、後ろを振り返らないで前を向いてこれからのことを考えましょう。会社を辞めた後も転職活動や健康保険・年金の切り替えや、失業保険の手続きなど、やらなければいけないことはたくさんあります。

続きを読む

【参考記事】

会社を辞めるタイミングは?

最初から楽しい仕事なんてなかなか出会えない

スポンサーリンク

転職支援実績No.1

私もリクルートエージェントを利用して転職活動をしたことがありますが、コンサルタントは非常に親切で好感を持ちました。

希望に合った求人を紹介してもらえるので、在職中の方も仕事をしながら転職活動をスムーズに進めることが可能です。

公開日: 2013年10月18日
更新日: 2015年3月3日