ブランクが空くと知識が低下する

人の知識は時間と共に低下していきます。

これを防ぐには、無職の間でも勉強を続けることになりますが、無職の状態で勉強する余裕なんてなかなかありませんよね。知識の低下を防ぐためにも出来るだけ早く転職先を見つけたいですね。

人の記憶力は時間と共に低下していきます。仕事を辞めて考えることが無くなれば、更に脳が発達されないので、更に記憶力の低下につながります。

また、ブランクが空きすぎると、転職の際のイメージも悪くなります。

その間に、学校に行っていたなど正当な理由があればそれほどマイナスイメージを与えませんが、ただ単に、転職活動をしていただけでは『なんで転職出来ないの?』『性格に何かしらの問題があるんじゃないの?』とマイナスイメージを与えかねません。

一番の理想は、前職の退職前に次の転職先を見つけれればいいですが、色々な事情があり、なかなかそういきません。

ブランクが空くことで知識は低下しますし、面接官にマイナスなイメージを持たれ、更にお金も無くなってく。そして、全てのやる気が無くなりニートになる。

そういった状況は絶対避けなければなりません。

スポンサーリンク

転職支援実績No.1

私もリクルートエージェントを利用して転職活動をしたことがありますが、コンサルタントは非常に親切で好感を持ちました。

希望に合った求人を紹介してもらえるので、在職中の方も仕事をしながら転職活動をスムーズに進めることが可能です。

あわせて読みたい関連記事(会社を辞めるリスク)

公開日: 2013年10月20日
更新日: 2015年3月3日