会社を辞めると収入が無くなる

会社を辞めると当然収入は無くなります。

既婚者の方や、一人暮らしの方は、数ヶ月仕事が無いだけで死活問題に発展する場合もあります。自分は実家暮らしなんで関係ないや!と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、なかなかそう簡単にもいきません。

会社を辞める時期にもよりますが、後々、税金が後で重くのしかかってきます。よくタレントが、稼いだ次の年に税金が凄いかかって払えないとか言いますね。

決して人事ではありません。税金関係は基本的に会社から自動的にに引かれるのであまり気にして無いでしょうが、会社を辞めると自分で手続きしなければなりません。働かなくなったら払わなくていい訳じゃありません。

税金は前年の収入に応じて金額が決定されるので、退職した時に稼いだ税金が次の年に支払わなければなりませんので注意が必要です。

税金に関して

いやいや、俺は失業保険がもらえるんだぜ!!と思われる人もいると思います。

しかし、失業保険をもらう為には様々な条件があります。

失業保険を貰うまでの流れ

何かと必要になる『お金』生活するだけでも結構なお金がかかります。

一人暮らしの場合だと、最低でも1カ月、15万円ぐらいはかかるでしょう。無職の状態が半年続けば、6ヶ月×15万円=90万円もかかります。

失業保険を満額支給してもらっても、40万円以程度はマイナスになります。

失業状態が半年ほど過ぎると、失業保険の給付は終わってしまいます。すると、収入源は0になります。

そんな中、転職活動をするのは精神的にかなりキツくなります。

ですので、転職する際は退職前に転職先を見つけておいた方が、経済的にも精神的にも安心できます。

スポンサーリンク

転職支援実績No.1

私もリクルートエージェントを利用して転職活動をしたことがありますが、コンサルタントは非常に親切で好感を持ちました。

希望に合った求人を紹介してもらえるので、在職中の方も仕事をしながら転職活動をスムーズに進めることが可能です。

あわせて読みたい関連記事(会社を辞めるリスク)

公開日: 2013年10月18日
更新日: 2015年3月3日