会社に退職の意思を伝える

会社に対して退職の意思表示をする際にもいくつかのルールが存在します。

退職の意思表示をする時のルール

退職の意思表示をする人

退職することを決めた場合、最初に同僚に話す方が非常に多いです。

勿論、これは間違いです。退職の意思をを最初に伝えるのは必ずあなたの『直属の上司(管理職クラスの人)』に伝えましょう。

最初に同僚や後輩に話して、その話が上司に漏れてしまっては上司の面目が立ちません。もし仲の良い先輩とか同僚がいて、会社を辞める事を相談(決意)していたとしてもその話は絶対外部には漏らさないようにしましょう。

最初に直属の上司に伝えて、その後に同僚や同じ部署の人に伝えるのがマナーです。

どうやって退職の意思表示をする?

退職の意思表示は必ず『直接口頭』で行いましょう。言いにくいからと言って、メールでの意思表示は控えましょう。

退職願はメールでもOK?

何処で退職の意思表示をするの?

事務職の方の場合は基本的に会議室で行いましょう。ですので、事前に会議室の利用予約をしておかなければいけません。

何時に言えばいいの?

出来れば就業時間が終わってからがいいでしょう。もし、上司が毎日定時で帰られる場合は朝一で伝えるのが無難です。

退職理由はどういえばいいの?

退職理由は素直に答えて良いと思います。

同業他社に就職したい場合でも、そのことを言えばいいでしょう。しかし、正直に言うと会社との関係が悪化すると判断した場合は、適当な理由にを変える方が良いかもしれません。

退職の意思表示をする時期

民法上では2週間前までとありますが、2週間前だと引継ぎや業務処理の問題もありますので、出来れば2ヶ月前までには意思表示をしましょう。

有給を消化する場合は、その分早めて意思表示をすることも必要です。また、プロジェクトの途中や繁忙時期に辞めるのは、会社のことを考えて、出来るだけ避けるようにしましょう。

退職理由を聞かれた場合

上司から会社を辞める理由を聞かれた場合、仮に会社に不満があって辞める場合はトラブルを防止する為にも本心を言う必要はありません。

『スキルアップをしたい』とか『新しいことにチャレンジしたい』など前向きな理由を言っておけばいいでしょう。

退職の意思表示する前に相談したほうがいいの?

これは難しい判断ですが、信用できる上司の場合は事前に相談しておいたほうがいいと思います。

しかし、これはほぼ退職の意思が固まっている状態のときです。まだ、退職か続けるか五分五分くらいの気持ちで上司に相談するのは危険です。

何故かと言うと、上司にとって退職されることは、あまり良いこととは思われません。そのまま退職すれば問題ないですが、仮にそのまま会社に残った場合、今後の評価に響く可能性があります。

ですので、本当に迷っている場合は、同僚や先輩(管理職じゃない)に相談してからの方が良いでしょう。場合によっては引き止められる場合もありますが、退職すると決めたなら突っ切りましょう。

会社を退職してしまえばもう会社との関係は絶たれるので、喧嘩退職してもいいやと思われるかもしれませんが、お互いあまり良い気持ちにはなりませんよね。

また、関係無くなると思っても同業他社に転職する場合、そのことが次の会社に伝わる可能性もありますので、できる限り『円満退社』できる様に心がけましょう。

スポンサーリンク

転職支援実績No.1

私もリクルートエージェントを利用して転職活動をしたことがありますが、コンサルタントは非常に親切で好感を持ちました。

希望に合った求人を紹介してもらえるので、在職中の方も仕事をしながら転職活動をスムーズに進めることが可能です。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2013年10月19日
更新日: 2015年3月3日