退職金の規定を確認しましょう

ある程度長い期間働いていると退職金が支払われる場合が多いです。

しかし、退職金の支払条件は会社によって異なります。

会社の退職金の規定を知らずに退職した場合に損をする可能性があります。

それでは具体的に何をすればよいのか考えていきましょう。

退職金の規定は基本的に『就業規定』に書かれています。

書いていない場合は、『退職金規定』などに別書きしている場合がありますので確認しましょう。

もし分からない場合は会社の人事や上司に聞いてみましょう。

(まだ会社を退職するのか考えいる場合は、会社に退職すると悟られないように気をつけましょう)

退職金の規定は以下の点を確認しましょう。

適用範囲

従業員全員が対象なのか?正社員のみ対象なのか?

誰に対して支払われるのかしっかり確認しましょう。

大抵の会社の場合、アルバイトやパートタイマーには支払らわれない場合が多いです。

支給条件

会社によって支給条件が異なります。

一般的には勤続年数2年以上とか勤務している期間によって定められている場合が多いです。

支給日

会社を退職してから何日後に支払われるのか?

一括で支払われるのか、分割で支払われるのか確認しましょう。

もし、支給日を過ぎても支払われない場合は会社に問い合わせしましょう。

支給額

一番気になるのが、退職金はいったいいくら支払われるのか?

初めて会社を退職する場合、その金額の想像が付きにくいですよね。

会社によって支給額が違いますが、一般的に基本給に対しての支給率の比率で計算されます。

スポンサーリンク

転職支援実績No.1

私もリクルートエージェントを利用して転職活動をしたことがありますが、コンサルタントは非常に親切で好感を持ちました。

希望に合った求人を紹介してもらえるので、在職中の方も仕事をしながら転職活動をスムーズに進めることが可能です。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2013年10月27日
更新日: 2016年11月10日