勤続年数が増えることで得すること

勤続年数が増えていくことで様々なメリットが出てきます。

ここでは、社会保険加入者で自己都合での退職した場合を考えて、その一覧を記載していきます。

(2013年11月現在情報)

勤続年数2ヶ月で得すること

任意継続被保険者になる為の要件を満たす

勤続年数半年で得すること

有給休暇が貰える

勤続年数1年で得すること

失業保険が受け取れる

継続給付を受けることにより、出産手当や傷病手当金を受けることが出来る

会社によっては退職金が給付される

勤続年数3年で得すること

再就職手当を受ける事が出来る

教育訓練給付金を利用できる

ほとんどの会社で退職金が貰える

勤続年数10年で得すること

失業保険の受給日数が増える(90日→120日)

その他にも勤続年数を増やす事で様々な恩恵を受けることが出来ます。

会社を退職しようと考えいるかたは参考にして下さい。

【参考記事】

会社を辞めるタイミングは?

健康保険任意継続の加入手続きの仕

有給休暇を賢く利用しよう

失業保険を貰うまでの流れ

スポンサーリンク

転職支援実績No.1

私もリクルートエージェントを利用して転職活動をしたことがありますが、コンサルタントは非常に親切で好感を持ちました。

希望に合った求人を紹介してもらえるので、在職中の方も仕事をしながら転職活動をスムーズに進めることが可能です。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2013年10月25日
更新日: 2015年3月3日