退職する際に会社から受け取るもの

会社を退職する(した)時に会社から受け取るものがたくさんあります。

今後の手続きの際に必要な書類が多いので、全て確実に受け取って、紛失、受け取り忘れがない様に気をつけましょう。また、いい加減な会社の場合、こちらから催促しないと提出して貰えなかったりします。

書類の受け取ることが遅れることで損をするのは自分なので、何を受け取らなければいけないのかをしっかり確認しておきましょう。

雇用保険被保険者離職票-(1.2)or 雇用保険被保険者資格喪失通知書

失業保険の手続きに必要な書類になります。

離職票は1と2の二種類あるので注意が必要です。退職日や退職前6ヶ月間の給料が明記されています。

一般的に退職して10日前後で送付されますので、送付され次第ハローワークで失業保険の手続きをしましょう。退職後、10日を過ぎても届かない場合は会社に問い合わせしましょう。それでも届かなければハローワークにて相談して催促してもらいましょう。

尚、次の転職先が決まっている時など失業保険の申込みの必要が無い方は『雇用保険被保険者資格喪失通知書』を発行してもらいましょう。

失業保険を貰うまでの流れ

雇用保険被保険者証

退職後に、ハローワークで求職の申込みや失業保険の手続きの際に必要になります。

また、再就職した際は再就職先に提出します。

源泉徴収票

退職までの年間の給料の額が記載されています。

確定申告の際に必要になります。年内に再就職した際は、会社の年末調整の際に必要になりますので、再就職先に提出してください。

年金手帳

国民年金に加入する際に必要になります。

会社によっては自宅で保管する場合もあります。再就職した際は再就職先に提出します。

厚生年金基金加入員証

退職前の会社で厚生年金基金に加入している場合は、会社から返却してもらいましょう。

※通勤手当が払い戻せる場合は精算しておきましょう。

スポンサーリンク

転職支援実績No.1

私もリクルートエージェントを利用して転職活動をしたことがありますが、コンサルタントは非常に親切で好感を持ちました。

希望に合った求人を紹介してもらえるので、在職中の方も仕事をしながら転職活動をスムーズに進めることが可能です。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2013年10月22日
更新日: 2015年3月3日