国民年金の加入手続きの仕方

20才を過ぎれば、何かしらの年金に加入しなければいけません。会社に在職中は、厚生年金に強制的に加入していますので、あまり気にはしないと思いますが、会社を退職すると、自分で国民年金に切り替えの手続きをしなければいけません。

そもそも国民年金とは何か?

国民年金とは、日本の「国民年金法」によって規定されている、日本の公的年金のことである。国民年金法という国の法律で成り立っていますので、特別な事情が無い限り20歳を過ぎると60歳(70歳)まで必ず加入しなければいけません。

年金手続きの場所

住んでる市(区)役所の国民年金課

年金手続きの際に必要なもの

  • 認印
  • 年金手帳
  • 健康保険・厚生年金資格取得喪失証明書

年金制度の種類

年金には『第1号被保険者』『第2号被保険者』『第3号被保険者』『任意加入』の4種類存在します。

第1号被保険者とは?

自営業や自由業、農業者や学生、無職の人で20歳~60歳未満の方は加入しなければなりません。一般的に第1号被保険者を『国民健康保険』と認知されています。手続きは自分の管轄している市役所、または区支所にて行います。

第2号被保険者とは?

厚生年金や共済組合に加入している会社員や公務員などで、70歳未満の方が加入する年金になります。一般的に第2号被保険者を『厚生年金』と認知されています。勤務先で手続きしてもらえるので自分で特に何か手続きをするといったことはありません。

第3号被保険者とは?

第2号被保険者に扶養されている配偶者で20歳以上で60歳未満の方が加入する年金になります。配偶者の勤務先で加入手続きを行います。加入者自身での保険料を納める必要はありません。配偶者の加入する厚生年金や共済組合が制度全体として負担します。

任意加入被保険者とは?

上記の年金の対象者以外で希望して加入できる年金になります。

  1. 日本国内に住所がある60歳以上で65歳未満の方
  2. 海外に在住している日本人で20歳以上で65歳未満の方
  3. 60歳未満の年金受給者

いずれかに該当される方は、加入することができ、市役所もしくは支所で、加入手続きをすることができます。

保険料

第1号被保険者の場合は一律『15040円+付加保険料:400円』になります。

第2号被保険者の場合は標準報酬月額の16.766%

 (※2013年10月現在の情報になります)

お得情報

失業中であれば免除申請が可能です!!詳しくは【求職中は年金の免除申請が可能】を参照にして下さい。

 ※2013年10月現在の情報になります

スポンサーリンク

転職支援実績No.1

私もリクルートエージェントを利用して転職活動をしたことがありますが、コンサルタントは非常に親切で好感を持ちました。

希望に合った求人を紹介してもらえるので、在職中の方も仕事をしながら転職活動をスムーズに進めることが可能です。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2013年10月22日
更新日: 2015年3月3日