失業保険の貰える額を計算する

通常みなさんがよく使う失業保険、正式には『基本手当』と呼ばれます。この基本手当は日額手当になります。

では、計算方法を算出してみます。

※概算しか計算できませんので詳細な金額を知りたい場合、ハローワークにお問い合わせ下さい。

基本手当の算出には『賃金日額』を元に計算されます。 賃金日額は前職から6ヶ月にさかのぼった総賃金を160で割った額になります。

例:前職からさかのぼった賃金が180万だった場合は180÷160=11,250円になります。

【離職時の年齢が30歳未満の方】

賃金日額 給付率 基本手当日額
2,310円~4,610円 80% 1,848円~3,687円
4,611円~11,680円 80%~50% 3,688円~5,840円
11,681円~12,810円 50% 5,840円~6,405円
12,811以上 6405円

【離職時の年齢が30歳以上45歳未満の方】

賃金日額 給付率 基本手当日額
2,310円~4,610円 80% 1,848円~3,687円
4,611円~11,680円 80%~50% 3,688円~5,840円
11,681円~14,230円 50% 5,840円~7,115円
14,231以上 7115円

【離職時の年齢が45歳以上60歳未満の方】

賃金日額 給付率 基本手当日額
2,310円~4,610円 80% 1,848円~3,687円
4,611円~11,680円 80%~50% 3,688円~5,840円
11,681円~15,660円 50% 5,840円~7,830円
15,661以上 6405円

【離職時の年齢が60歳以上65歳未満の方】

賃金日額 給付率 基本手当日額
2,310円~4,610円 80% 1,848円~3,687円
4,611円~10,510円 80%~45% 3,688円~4,729円
10,501円~14,940円 45% 4,729円~6,723円
14,941以上 6723円

60歳までは、年齢が高くなるほど基本手当の上限額がアップしていきます。

この計算式を見るとおり、給付率は最大でも80%しかないのでm、前職の給料と同じ水準の手当てを受け取る事はできません。

※基本手当は『毎月勤労統計』の結果に基づき、毎年8月1日に改定される場合があります。

(この情報は2013年10月現在)

スポンサーリンク

転職支援実績No.1

私もリクルートエージェントを利用して転職活動をしたことがありますが、コンサルタントは非常に親切で好感を持ちました。

希望に合った求人を紹介してもらえるので、在職中の方も仕事をしながら転職活動をスムーズに進めることが可能です。

あわせて読みたい関連記事(失業保険関係)

公開日: 2013年10月19日
更新日: 2015年3月3日