求職活動実績は何をすればいいの?

失業保険を給付しようとすると、求職活動をしなければいけません。一般的に求職活動は各認定日(28日周期)で2回以上しなければいけません。

では、求職活動とは具体的に何をすればいいんでしょう?その規定は基本的に各ハローワークにより異なってきます。

一般的には、次に挙げる様なことをすれば求職活動として認定されます。

求人への応募

求人への応募は正真正銘求職活動といえるでしょう。

求人への応募は基本的に1回すれば認定されます。

ハローワークなどで行う職業相談・紹介

ハローワークの窓口で職業相談をした場合でも求職活動をしたと認められます。紹介してもらった会社に応募しなくても相談しただけでOKです

ハローワークなどで行う各種講習・セミナーを受講

セミナーなどを受講すると求職活動として認定されます。

再就職に関する資格、検定などの受験

再就職に役立つ資格、検定を受験すると求職活動として認められます。但し、勉強をしているだけでは認められません。

普通に就職活動をしていれば何の問題も無いですが、行きたい会社がなかなか見つからなかった場合など、求職活動で苦労する場合もありますが、求人に応募するだけが求職活動ではなく、セミナーや資格を取得すれば求職活動として認められます。

この他にも、『ハローワークのパソコンを見るだけでOK』とか各ハローワークで条件が異なってきますので、詳細をお知りになりたい場合は、自分の管轄するハローワークにお問い合わせ下さい。

※この情報はあくまで一般的な例です。

詳しくは各ハローワークにてお問い合わせ下さい。

各ハローワークのお問い合わせ先

スポンサーリンク

転職支援実績No.1

私もリクルートエージェントを利用して転職活動をしたことがありますが、コンサルタントは非常に親切で好感を持ちました。

希望に合った求人を紹介してもらえるので、在職中の方も仕事をしながら転職活動をスムーズに進めることが可能です。

あわせて読みたい関連記事(失業保険関係)

公開日: 2013年10月23日
更新日: 2015年3月3日