かしこい求人の見つけ方

一昔前までは、新聞や求人情報誌といった原始的な求人を探すのが一般的でしたが、2000年を超えた辺りからインターネットが爆発的に普及したことにより、転職サイトを利用して無料でより効率的に自分の希望する求人を探せる時代になりました。

だからと言って、新聞や求人誌で探すことが有効でない訳ではありません。それぞれの媒体でメリット・デメリットが存在するので、その中で自分に合った求人の見つけ方を確立することが、転職を成功させる第一歩になるでしょう。

それでは、各媒体の特徴をまとめましたので、自分に合ったやり方を見つけて今後の転職活動に役立てて下さい。

求人情報の見つけ方

転職サイトで求人を探す

転職を探す際に一番お手軽なのが、転職サイトで求人を探す方法でしょう。

運営会社によって多少違いはありますが、基本的に希望条件や自分の経歴などを入力すると、自分の希望にマッチングした求人の一覧が表示されますので、そこから自分の気に入った求人に応募するといったスタイルになります。

ハローワークや情報誌などで転職活動されている方でも、転職サイトと平行して利用することにより、より効率的に求人を探すことができます。

tensyokusaito-hyouka

続きを見る

転職エージェントで求人を探す

転職エージェントとは、厚生労働大臣の認可を受けた民間が運営している『人材紹介会社』になります。

転職サイトで求人に応募する場合は、自分から応募するか、オファーを待つといったことが一般的ですが、転職エージェントの場合は、専門のキャリアアドバイザーに相談しながら、求人を紹介してもらうことが可能になります。

ですので、現在の会社で働きながら転職活動をする人や、初めての転職活動でどの様に進めていけば良いか分からない求職者にはオススメできます。

e-jyennto-hyouka

続きを読む

ハローワークで求人を探す

ハローワークは国の公的機関になります。

全国に約600ヶ所設置されていますので気軽に足を運びやすいです。

また、ハローワークには求職活動の他にも、失業保険の手続きなどで利用される方も多いので、これらの手続きと並行して求人を探すことにより、効率よく求職活動を進めることが可能です。

haro-wa-ku-hyouka

 続きを読む

求人情報誌で求人を探す

昔は求人情報誌で求人を探す方も多かったですが、ここ最近はインターネットの普及により、無料で求職活動ができる時代になってきたので、求人情報誌で求人を探す方は年々減っている傾向にあります。

但し、アルバイトに関しては、今でも求人情報誌で求人を探す方は依然多いです。

jyouhousi-hyouka

続きを読む

新聞で求人を探す

転職探しの王道と言えば、新聞での求人探しになるでしょう。

新聞をとっている方なら毎日の様に目を通すので、パソコンやスマホをを持っていない人を中心に人気のある求職方法です。

毎日求人内容が更新されるので、いつも新鮮な求人情報を見ることができます。

sinbun-hyouka

続きを読む

転職フェアで求人を探す

転職フェアとは、1つの会場に複数の企業が集まって企業の説明を行う合同説明会のことを言います。

通常の応募と違って、各企業の担当者と生に話せて、その企業の実情を知ることができる反面、いちいち会場まで足を運ばなくてはいけないので面倒だし、企業によっては面接も兼ねているので気軽さに欠けます。

hulea

続きを読む

人脈で探す

一番堅実な求職方法かもしれません。志望業界で働く友人や知人から企業の動向を聞くという手もあります。

また、在職時の取引先にコネクションがあれば潜り込める可能性もありますので、現在在職中の方は今の内に積極的にそういった人脈の幅を作っておくのも一つの方法です。

働き方には様々な就業形態がある

働き方には様々な就業形態があります。

大きく分けると『正社員』『契約社員』『派遣社員』『パートタイマー』『請負』があります。一般的には正社員での就業を希望されている方が多いと思いますが、他の就業形態でも正社員にはないメリットが存在します。

続きを読む

スポンサーリンク

適正年収を調べる

私も転職力診断してみたら、今の年収よりも『47万3千円』も高い結果が!

適正年収の他にも、『予想内定者数』や『企業分析力』などを分析して、総合順位もその場ですぐに判定してくれるので、自分の市場価値を客観的に判断できる。

参考記事

公開日: 2013年10月24日
更新日: 2015年3月2日