転職エージェントで求人を探すメリット・デメリット

転職エージェントで求人を探すメリット

  • 転職サポートをしてくれる
  • 匿名での応募が可能
  • 応募対策をしてくれる
  • キャリアを生かせれる
  • 非公開求人に応募できる
  • 待遇要望が通りやすい
  • 応募が楽

転職サポートをしてくれる

専門のアドバイザーが応募から面接まで相談にのってくれます。

また、自分の希望を伝えれば、その条件にあった求人を紹介してくれるので、効率よく転職活動に専念できます。

匿名での応募が可能

匿名での応募が可能なので、在職中の転職活動でも安心して利用できます。

応募対策をしてくれる

模擬面接や履歴書・職務経歴書の添削をしてくれるので、万全の状態で求人に応募できる。

キャリアを生かせれる

比較的、専門職の求人が多いので、自分のキャリアが生かせれる仕事が多いです。

非公開求人に応募できる

転職エージェントに登録している企業の中には、求人内容を極力外部に知らせたくない場合があります。

転職サイトでは載っていない求人は応募人数も少なく、必然的に採用率が上がりやすくなります。

待遇要望が通りやすい

キャリアアドバイザーに事前に面談をするので、希望条件を伝えやすいです。

応募が楽

応募のたびに書類を書かなくていいし、面接日時の設定もエージェント側でしてくれるので楽です。

転職エージェントで求人を探すデメリット

  • 敷居が高い
  • 直接応募が出来ない
  • アドバイザーのレベルで左右される
  • 採用まで時間がかかりやすい
  • 自分の希望ではない会社を勧められる可能性がある

敷居が高い

利用するエージェントによっては、学歴やスキルの条件が高くて、自分の希望する条件によっては、仕事の紹介はおろか、登録できない可能性がある。

直接応募が出来ない

気に入った会社があっても、アドバイザーを経由して応募しなければいけないの時間がかかる。

アドバイザーのレベルで左右される

キャリアアドバイザーのレベルが低いと、自分のスキルがあっても満足に仕事を紹介してもらえない可能性がある。

仮に書類選考まで進んだとしても、キャリアアドバイザーが足を引っ張り不採用になる可能性もある。また、キャリアアドバイザーとの性格が合わない場合、かなり苦痛に感じる。

採用まで時間がかかりやすい

求人に応募するまでに登録とか、面談など手順を踏まなくてはいけないので、時間がかかる。

また、面談もエージェント会社まで出向かなければいけないので面倒に感じる。

自分の希望ではない会社を勧められる可能性がある

とりあえず転職が完了できれば、後のことは知らないといった考えのキャリアアドバイザーもいます。

そういう人は、受かりやすい求人を強引に勧めてくる場合があります。なので、自分の意志をしっかり持って対応することが必要です。

スポンサーリンク

適正年収を調べる

私も転職力診断してみたら、今の年収よりも『47万3千円』も高い結果が!

適正年収の他にも、『予想内定者数』や『企業分析力』などを分析して、総合順位もその場ですぐに判定してくれるので、自分の市場価値を客観的に判断できる。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2013年11月4日
更新日: 2015年3月2日