転職エージェントの仕組み

転職エージェント(人材紹介会社)の仕組みについて考えていきます。

転職エージェント会社は、ハローワークと違い民間会社が運営していますので、会社として利益を上げなればなりません。

求職者は、転職エージェントの各サービス(求人登録・カウンセリング・職業紹介・面接対策など)が基本的に全て無料で利用することができます。

では、転職エージェント会社はどの様にして利益を得るのか?

転職エージェントに登録している企業側(雇用主)から報酬を得ています。

具体的にどういうことかと言うと、エージェントから求職者に対して企業を紹介されます。もしそこで内定を貰って入社すると、企業側(雇用主)から紹介手数料がエージェント側に支払われます。

一般的に紹介手数料は提示年収の30%程と言われています。

仮に年収350万円で採用されたら紹介手数料は105万円になります。一人の採用者に対して100万円以上も利益が出るのなら、求職者に対して料金を取らなくても十分運営できることが分かりますよね。

転職エージェントのしくみ

では、何故それでも企業側(雇用主)は積極的に転職エージェント会社を利用するのか?

例えば、転職エージェントを利用せずに労働者を雇い入れようとする場合、何かしらの方法で自社の求人をアピールしなければなりません。仮に、求人誌に求人情報を載せると、一般的に成果が上がらなくても掲載料がかかります。さらに応募者が殺到すると、その処理も全て自社でしなければなりません。

そういったリスクを考えると、多少費用がかかっても、転職エージェント経由でより自社の希望に叶った人材を確保する方が得策だと考えられます。

受けられる主なサポート

  • 担当者によるサポート
  • 応募書類の書き方サポート
  • 面接対策
  • 応募会社との交渉代理

スポンサーリンク

転職支援実績No.1

私もリクルートエージェントを利用して転職活動をしたことがありますが、コンサルタントは非常に親切で好感を持ちました。

希望に合った求人を紹介してもらえるので、在職中の方も仕事をしながら転職活動をスムーズに進めることが可能です。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2013年11月5日
更新日: 2015年3月2日