転職フェアで求人を探すメリット・デメリット

転職フェアで求人を探すメリット

  • 大手企業が多い
  • 会社の実情を知ることができる
  • 多くの企業と接することができる
  • セミナーがある

大手企業が多い

転職フェアに参加している企業は比較的大手の企業が多いので、大手企業を希望されている方にはメリットがあります。

会社の実情を知ることができる

会社の担当者と実際に生で話せるので、会社の実情が分かりやすいです。

ネットや情報誌では分からない会社の雰囲気や社風などを知ることができる所が、転職フェアを利用する一番のメリットと言ってもいいでしょう。

多くの企業と接することができる

1つの会場に複数の企業が参加していますので、普通なら気になる企業を何社もあたろうとすれば何日もかかるが、転職フェアなら1日で済みます。

セミナーがある

主催企業によっては、会場内でセミナーやキャリアカウンセラーによる適職相談なども行っていますので、まだ転職しようと思っていない人でもとりあえず参加してみるのも良いかもしれません。

転職フェアで求人を探すデメリット

  • 内定までに時間がかかる
  • 競争率が激しい
  • 求人数が少ない

内定までに時間がかかる

会場内で面接(選考)を同時に行う企業もありますが、大抵の企業は説明のみして終了です。

その後に、面接などの選考を別途受けなければならないので、ハローワークや転職サイトに比べて、内定を貰うまで時間がかかる傾向にあります。

競争率が激しい

転職フェアに参加する企業は、基本的に有名大企業が多いということもあり、競争率が激しくなります。

自分のスキルに乏しい場合、内定を貰うまで相当困難になります。

求人数が少ない

転職フェアに参加する企業は多くても100社程度です。

ネットなら数万社の中から求人を探せることを考えると、求人の数は極端に少なくなります。

スポンサーリンク

転職支援実績No.1

私もリクルートエージェントを利用して転職活動をしたことがありますが、コンサルタントは非常に親切で好感を持ちました。

希望に合った求人を紹介してもらえるので、在職中の方も仕事をしながら転職活動をスムーズに進めることが可能です。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2013年11月6日
更新日: 2015年3月2日