公的の職業相談機関一覧

求職者と雇用主のマッチングを行う公的機関は全国各所に存在します。

一般的に皆さんが利用する公的機関は『ハローワーク』をイメージされると思いますが、ハローワーク以外にも様々な公的機関が存在します。

人材銀行

原則40歳以上の管理的職業、専門的・技術的職業に従事した人を対象に、職業相談や職業紹介を行う機関になります。

マザーズハローワーク

子供を持つ働く女性を支援するための機関になります。

新卒応援ハローワーク

大学院・大学・短大・高専・専修学校などの学生や、卒業後未就職の方の就職を支援する専門の機関になります。

外国人雇用サービスセンター

外国人の方や、外国人留学生で卒業後に日本企業へ就職を希望されている方を対象に、職業相談、職業紹介などの支援を行っている機関になります。

ふるさとハローワーク

公共職業安定所(ハローワーク)が設置されていない市町村において、職業相談・職業紹介などの支援を行っている機関になります。

キャリアアップハローワーク

正社員として働いた経験が少ないけれど、正社員での就職を目指している方を対象に、職業相談・職業紹介などの支援を行っている機関になります。

ジョブカフェ

学生・生徒、フリーターの方など、若年の求職者に対して、職業相談・職業紹介などの支援を行っている経済産業省の機関になります。ちなみに全ての機関は無料で利用できるので、お気軽にご利用下さい。

各機関の詳細情報

人材銀行

マザーズハローワーク

新卒応援ハローワーク

外国人雇用サービスセンター

ふるさとハローワーク

キャリアアップハローワーク

ジョブカフェ

スポンサーリンク

適正年収を調べる

私も転職力診断してみたら、今の年収よりも『47万3千円』も高い結果が!

適正年収の他にも、『予想内定者数』や『企業分析力』などを分析して、総合順位もその場ですぐに判定してくれるので、自分の市場価値を客観的に判断できる。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2013年11月5日
更新日: 2015年3月2日