ハローワークで求人を探すメリット・デメリット

ハローワークで求人を探すメリット

  • 応募までの手続きが楽
  • 地域に密着した求人が多い
  • 職員に相談しながら探せる
  • 比較的採用されやすい

応募までの手続きが楽

ハローワークに出向く手間はありますが、面接の日時などの手配は全てハローワーク側が行ってくれますので楽です。

また、気になる求人があれば、現在その求人にどれほどの応募が集まっているのかすぐに知ることができるので、応募する際の参考になります。

地域に密着した求人が多い

求人誌には載っていないような地域密着型の求人も掲載されていますので、地元で就職したい場合に有効です。

職員に相談しながら探せる

ハローワークの職員に職業相談をしながら応募することができるので、初めて転職活動をする人でも安心です。

但し、適当なアドバイスしかしてくればい職員も多数存在するので、全てのアドバイスを鵜呑みにするのは危険です。(体験済み・・・)

比較的採用されやすい

地域に密着した求人が多く、求められるスキルも転職サイトや転職エージェントに比べて低く、未経験者でも応募可能な求人が多いので、比較的採用されやすい傾向にあります。

ハローワークで求人を探すデメリット

  • 規模の小さい会社が多い
  • 待遇の悪い会社が多い

規模の小さい会社が多い

求人の掲載料が無料なので、転職サイトの求人に比べて規模の小さな会社が多いです。

待遇の悪い会社が多い

中小企業の求人が多いので、給料賃金を含め待遇が悪い会社が多いです。

待遇をメインで考えられるのでしたら、転職サイトや転職エージェントを利用した方がいいでしょう(但し、採用ハードルは高くなります)

スポンサーリンク

転職支援実績No.1

私もリクルートエージェントを利用して転職活動をしたことがありますが、コンサルタントは非常に親切で好感を持ちました。

希望に合った求人を紹介してもらえるので、在職中の方も仕事をしながら転職活動をスムーズに進めることが可能です。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2013年11月4日
更新日: 2015年3月2日