ハローワークで求人を探す流れ

ハローワークで求人を探す際に必要な持ち物

失業中の方

  • 筆記用具
  • 雇用保険受給資格者証(失業保険受給中の方)
  • ハローワークカード

在職中の方

  • 筆記用具

ハローワークで求人を探す流れ

  1. 応募したい会社を見つける
  2. 応募受付をする
  3. 応募するかどうかを決める
  4. 応募する

応募したい会社を見つける

まずは応募したい会社を探しましょう。 ハローワークで仕事を探す方法は大きく分けて3つあります。

①ハローワーク内の求人検索機を使って求人を探す

ハローワーク内には『求人検索機』と呼ばれるパソコンが設置されています。

この求人検索機には自分が住んでいる地域だけではなく、全国各地の求人情報が掲載されてます。

②ハローワークインターネットサービスを使って、自宅などで探す

ハローワークインターネットサービスを使う事により、ハローワークにわざわざ行かなくても、自宅で求人情報を自由に観覧することが可能になります。

ただ、ハローワークで『求職登録』をしていないと、一部求人情報の詳細が観覧できませんので、もし離職中の方で求職登録をまだしていない場合は、先に求職登録を済ませておいたほうが効率的です。

求職登録の仕方

③転職相談で探す

パソコンでは求人情報が多すぎてどの会社を選べばいいか分からないという方や、自分がどんな仕事をしたいのか分からない場合は、ハローワークの窓口で職業相談をすることも可能です。

自分の過去の経験などを職員に伝えれば、いくつか仕事を紹介してもらえます。

応募受付をする

気になる会社があったら、求人内容(求人票)を印刷してハローワーク内の総合受付に提出します。

失業中で雇用保険受給中の方は『雇用保険受給資格者証』の提出を促される場合もあります。

応募するかどうかを決める

相談窓口でその会社の詳細情報など必要な説明を受けます。

このときに、その求人の応募状況や採用人数を教えてくれますので、応募の判断材料にしましょう。その際に、応募しようとする会社に関して質問があれば、遠慮なくしましょう。(自分のスキルや経験では採用確率があまりに低いと判断された場合は止められる可能性もあります)

また、応募しようとする会社に似たような求人があるなら紹介してもらい同時に応募すると効率的です。

応募する

その会社の詳細説明を受けて応募の意思が固まったら、応募手続きをしてもらいましょう。

会社へのアプローチはハローワークの職員が全て代行して行ってくれるので、面接日時や面接当日に必要な持ち物をメモしておきましょう。

手続きが終わると、『紹介状』を受け取ります。紹介状が無いと面接を受けることができませんで、紛失しないように大事に保管して、面接当日に面接する会社側に提出しましょう。

スポンサーリンク

転職支援実績No.1

私もリクルートエージェントを利用して転職活動をしたことがありますが、コンサルタントは非常に親切で好感を持ちました。

希望に合った求人を紹介してもらえるので、在職中の方も仕事をしながら転職活動をスムーズに進めることが可能です。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2013年11月25日
更新日: 2015年3月2日