会社情報の集め方

希望する会社や気になる会社がどういう会社なのか?

下調べを十分しておかないと、入社してから『こんな会社とは思わなかった・・・』と後悔してしまう可能性もあります。

ということで、就職前にその会社について調べる方法がいくつかありますのでご紹介します。

企業ホームページを見る

企業のホームページには企業研究にはかかせません。

まず、そのホームページはしっかりと作られているのか?そして、更新は定期的に行っているのかを確認してください。新着情報の更新日があまりに古いと注意が必要です。

次に会社概要を確認します。

『資本金』『社員数』『事業所数』を調べることにより、どの程度の規模の会社かを計ることができます。

『年商』『利益』を調べることにより、業績がどの程度かを計ることができます。

『取引先』『関連会社』を調べることにより、会社のアウトラインを計ることができます。

事業内容は、その会社の基幹事業や、今後の事業展開を知ることができます。

業務内容は、その会社で働いている従業員のブログや職場レポート的なコラムがあれば、そこから読み解いてください。

ただ、大抵は良いように書かれていますので、鵜呑みにするのは危険です。

企業パンフレット

企業パンフレットにはその会社の概要や歴史、企業理念や今後の展望など、様々な情報が掲載されています。

会社の基本姿勢や今後の方向性を知るためには必要不可欠になります。但し、ホームページ同様に企業側が発信しているので、良い様に書いている場合もありますので、注意してください。

【企業パンフレットの入手先】

転職フェアなどの説明会に参加されている企業であれば、施設内で入手できます。

そうでない場合は、先方に電話かメールで伝えて、返信用切手を同封して申し込みしましょう。

企業情報誌

『会社四季報』や『転職四季報』や『日経会社情報』などの企業情報誌を見ることにより、その会社の実態が見れます。

業績や株価などの情報がリアルタイムに見られるので、同業他社との比較にも活用できます。

また、ホームページや企業パンフレットの様に、企業側が発行しているものではないので、客観的にその会社の情報を見ることができます。

ネットの口コミ

その会社を知る上で皆さん実践されているであろう口コミの検索。

その会社の元従業員や、評判など、リアルな情報を得ることができます。ただ、面白がって書き込みをしている人も多いので、全部鵜呑みにするのは危険です。信憑性のある記事を見分けられるかがポイントになります。

スポンサーリンク

転職支援実績No.1

私もリクルートエージェントを利用して転職活動をしたことがありますが、コンサルタントは非常に親切で好感を持ちました。

希望に合った求人を紹介してもらえるので、在職中の方も仕事をしながら転職活動をスムーズに進めることが可能です。

公開日: 2013年11月6日
更新日: 2015年3月2日