求人情報誌で求人を探すメリット・デメリット

求人情報誌で求人を探すメリット

  • パソコンが要らない
  • 手軽に応募できる
  • 意外な発見がある

パソコンが要らない

パソコンが不要なので、パソコンを持っていない人でもお手軽に利用できる。

手軽に応募できる

ネットでの応募の場合、会員登録など個人情報を入力してからでないと応募できませんが、求人誌の場合は、電話をしてすぐに応募することができますので、応募までのスピードが速い。

意外な発見がある

ネットでは検索が詳細まで絞れるので、便利だけど、他に目がいきにくいです。

しかし、求人誌の場合は、1ページずつ見ていけば、全ての求人情報に目がいき、今まで興味のなかった業種などが発見できる場合があります。

求人情報誌で求人を探すデメリット

  • 費用がかかる
  • 検索しにくい
  • 求人情報が乏しい
  • 求人数が少ない

費用がかかる

有料の求人誌の場合、求人誌の購入費がかかります。

しかも年々、本の価格は上昇傾向にあります。

検索しにくい

ネットの様に検索をかけて情報量を絞ることが困難なので、希望の求人を見つけるまで時間がかかる。

求人内容が乏しい

広告のスペースが限られていますので、ネットの求人に比べて求人内容の詳細が乏しい場合が多いです。

その求人の詳細を知りたい場合、結局ネットを使うことになり、二度手間になる可能性がある。

求人数が少ない

ネットに比べて求人数が少ないので、希望に合致する求人も少なくなる。

スポンサーリンク

転職支援実績No.1

私もリクルートエージェントを利用して転職活動をしたことがありますが、コンサルタントは非常に親切で好感を持ちました。

希望に合った求人を紹介してもらえるので、在職中の方も仕事をしながら転職活動をスムーズに進めることが可能です。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2013年11月6日
更新日: 2015年3月2日