何となく転職する

特にやりたいことも無く、なんとなーく転職します。

転職さえすれば仕事の楽しさを感じ、やりがいも出てばら色の人生が送ることができる。そういう根拠のない自信が涌いてきます。

七五三現象と呼ばれる現象があります。

どういうことかと言うと、会社に入社して3年以内に中卒ので7割、高卒で5割、大卒で3割が離職してしまうという現象です。

(最近ではこの関係性も崩れてきていますが・・・)

こうした早期離職者の原因の大半が、なんとなく就職したからと言えるでしょう。

何となく転職した人の多くは本当なら『やりたいことを見つけたい!』と思ってらっしゃるでしょう。

でも見つけられなくて何となく転職・就職します。自分にはやりたいことが見当たらない。

仕方ないと思っていませんか?

そう思っている人は真剣に仕事について考えていないと思います。

真剣に悩べば悩むほど、それを解決するためにさまざまな行動をとります。

さまざまな行動をとると、判断材料が増えて考えるポイントも明確化していきます。

努力することはしんどいです。辛いです。しかし、真剣に考えないと道は開きません。

何でもかんでも『会社のせい』や『不景気のせい』とするのでは無く、そういう状況でも自分は何ができるのか考えることが重要です。

スポンサーリンク

転職支援実績No.1

私もリクルートエージェントを利用して転職活動をしたことがありますが、コンサルタントは非常に親切で好感を持ちました。

希望に合った求人を紹介してもらえるので、在職中の方も仕事をしながら転職活動をスムーズに進めることが可能です。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2013年10月29日
更新日: 2015年3月2日