転職すれば待遇が上がると過信する

転職すれば給料が上がると思い込んでいる人もいるでしょう。

それで何の対策もせず退職していざ転職活動してみると、どうやら待遇があまり変わらない、もしくは逆に下がってしまうパターンもあります。

それで仕方なく転職して、結局何のために転職したのか分からなくなり転職を繰り返してしまうパターンに陥ります。

厚生労働省が統計した平成22年度の雇用動向調査によると、収入の上がりやすい20歳~24歳の若年層でさえ転職後に収入が上がる人の割合は4割しかいません。

その他の6割は現状維持、もしくは収入が下がるという傾向にあります。これが年齢を重ねると収入が下がる人の割合はアップします。

転職をすれば収入は上がるの?

そう考えると、収入(待遇)を上げたいと思って転職しようと思ってもなかなか上手くいかない場合が多いです。

そのため、転職を考える際は収入に関して考えるのは勿論でしょうが、それにプラスして、転職を考える明確な理由が必要になります。

スポンサーリンク

転職支援実績No.1

私もリクルートエージェントを利用して転職活動をしたことがありますが、コンサルタントは非常に親切で好感を持ちました。

希望に合った求人を紹介してもらえるので、在職中の方も仕事をしながら転職活動をスムーズに進めることが可能です。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2013年10月29日
更新日: 2015年3月2日