新聞で求人を探す

転職探しの王道と言えば、新聞での求人探しになるでしょう。

新聞をとっている方なら毎日の様に目を通すでしょう。毎日求人内容が更新されるので、いつも新鮮な求人情報を見ることができます。

また、各新聞に掲載されている求人はには特徴があり、媒体ごとに掲載基準があり、中に記載されている情報が揃っているため応募条件や待遇の比較検討がしやすいです。求人の業界や分野の傾向があります。

新聞の中以外にも、主に日曜日にアイデムなどの折込求人広告がチラシとして入っています。地域密着型の求人が多いので、地元での求人を探している方にはオススメできます。

sinbun-hyouka

新聞で求人を探すメリット・デメリット

各新聞の特徴

【毎日新聞】

マスコミ、営業、外資企業、その他事務系の求人が多い傾向にあります

【読売新聞】

飲食業界、技術職、そのた営業系の求人が多い傾向にあります

【毎日新聞】

営業、事務系の求人が多い傾向にあります

【日本経済新聞】

金融係、外資系、技術職の求人が多い傾向にあります

【英字新聞】

外資系の求人が多い傾向にあります

【スポーツ新聞】

サービス業、建設業の求人が多い傾向にあります

この様に新聞社で求人特徴が異なりますので、自分に合った新聞を積極的に読んでみてください。

スポンサーリンク

適正年収を調べる

私も転職力診断してみたら、今の年収よりも『47万3千円』も高い結果が!

適正年収の他にも、『予想内定者数』や『企業分析力』などを分析して、総合順位もその場ですぐに判定してくれるので、自分の市場価値を客観的に判断できる。

転職活動をする上で必須のツール

転職サイトの「キャリコネ」では企業で働く従業員の生の口コミを観覧することが可能!

公開日: 2013年11月6日
更新日: 2015年3月2日