新聞で求人を探すメリット・デメリット

新聞で求人を探すメリット

  • 応募までが楽
  • 情報が新鮮
  • 安定企業が多い
  • 地域密着の求人が多い

応募までが楽

転職サイトや転職エージェントと違い、応募前に会員登録をする必要が無く、電話で応募するだけなので、応募までの手順が楽に行えます。

情報が新鮮

毎日求人情報が掲載されていますので、求人情報が新鮮です。

安定企業が多い

新聞に求人情報を載せている企業は、比較的安定企業が多いです。

地域密着の求人が多い

折込チラシで掲載されている求人の多くは、地域密着型の求人なので、地元で求人を探されている方には最適です。

新聞で求人を探すデメリット

  • 新聞をとってないと見れない
  • 求人数が少ない
  • 求人内容が乏しい

新聞をとってないと見れない

そもそも、新聞をとっていないと求人情報すら見れない。

新聞を購読しようとすると、月4000円程かかるので、求人情報を見るだけに契約するのは勿体無い。

求人数が少ない

新聞に載せれる求人の数が決められているので、求人の数が少ない。

求人内容が乏しい

求人を載せれるスペースが狭いので、求人内容が乏しい場合がある。

また、待遇面などの詳細を記載していない場合が多いので、結局、詳細を知りたい場合に問い合わせをしなければならない。

スポンサーリンク

適正年収を調べる

私も転職力診断してみたら、今の年収よりも『47万3千円』も高い結果が!

適正年収の他にも、『予想内定者数』や『企業分析力』などを分析して、総合順位もその場ですぐに判定してくれるので、自分の市場価値を客観的に判断できる。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2013年11月6日
更新日: 2015年3月2日