転職サイトで求人を探すメリット・デメリット

転職サイトで求人を探すメリット

  • 大手企業の掲載率が高い
  • 安定した企業が多い
  • 応募が楽

大手企業の掲載率が高い

転職サイトにもよりますが、比較的大企業の掲載が多いです。

安定した企業が多い

転職サイトに求人を掲載するには、ハローワークと違い掲載料がかかります。

求人にかける経費を定期的に費やせるということは、それだけ安定した企業と言える場合が多いです。また、大手の転職サイトになればなるほどその傾向は強くなります。

応募が楽

インターネットから応募するので、ハローワークの応募の様に応募する為に出向くこともしなくて良いので楽です。

応募が楽なので、ついつい自分に興味の無い仕事にも勢いで応募してしまう場合があるので、注意が必要です。

転職サイトで求人を探すデメリット

  • 採用率が下がる
  • 相談できる人がいない

採用率が下がる

大手の転職サイトだと、求人によっては応募者が殺到するので、極端に採用率が下がる場合があります。

相談できる人がいない

ハローワークや転職エージェントと違い、応募から採用まで全て一人で考えて行動する必要があるので、困った場合に相談できる人がいません。

周りに相談できる親や友人などが要ればまだましですが、本当に誰にも相談できる環境に無い場合は、ハローワークで相談されると良いでしょう。転職相談したい場合は転職エージェントで求人を探すを参考にして下さい。

スポンサーリンク

転職支援実績No.1

私もリクルートエージェントを利用して転職活動をしたことがありますが、コンサルタントは非常に親切で好感を持ちました。

希望に合った求人を紹介してもらえるので、在職中の方も仕事をしながら転職活動をスムーズに進めることが可能です。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2013年11月4日
更新日: 2015年3月2日