転職サイトの一般的な応募の流れ

応募までの流れは、どの転職サイトでも似たり寄ったりですので、1つのサイトの利用方法を理解できれば、他のサイトでも難なく利用することができるでしょう。

ここでは基本的な流れについて簡単に説明していきます。

  1. サイトの会員登録
  2. プライベートオファーの登録
  3. 求人を探して応募
  4. 書類選考
  5. 面接
  6. 合否発表

1.サイトの会員登録

まずは、該当する転職サイトで会員登録を行います。

このときに、氏名や電話番号など必要最小限の個人情報を入力します。転職サイトにもよりますが、長くても5分ぐらいで会員登録を完了できます。

運営している会社により特色がありますので、自分が該当する求人を載せている転職サイトはとりあえず全て登録するぐらいの意気込みで頑張りましょう。

基本的にどのサイトも無料で登録できますので、お気軽に登録しましょう。

2.プライベートオファーの登録

サイトによっては、プライベートオファーを受けることができます。

プライベートオファーとは、自分の職歴などのスキルや希望職種などを登録して、転職サイトに登録している企業側に、自分の情報を公開するすることにより、企業側よりオファーを受けることができるシステムです。

登録は基本的に無料なので、スキルに自信がなくてもとりあえず登録しておけば、もしかしたら希望職種の企業からオファーを受けることができるかもしれません。

ただ注意してほしいのが、オファーがきたからと言って、必ず採用されるとは限らないというところ。しかし、オファーが来ると言うことは少なからず企業側が自分に興味を持ってくれているということなので、通常応募よりは採用される確率は上がるといえるでしょう。

3.求人を探して応募

プライベートオファーを利用しつつ、自分でも積極的に求人を探しましょう。

どの転職サイトでも、勤務地や職種などの条件を細かく指定できますので、自分に合った条件で求人を探しましょう。自分の条件に当てはまる会社が少ない場合は、条件を緩やかにして窓口を大きくすることも時には必要です。

4.書類選考

気になる会社があったら積極的にエントリーしましょう。

会社にもよりますが、最初に履歴書と職務経歴書を郵便 or メールで送付します。

履歴書の書き方

職務経歴書の書き方

5.面接

書類選考が見事に通ったら、次に面接があります。

面接攻略ガイド

6.合否発表

会社によっては2、3回面接を行うところもありますが、無事面接が終わると後は合否を待つだけです。合否を待っている間も、落ちたときのことを考えて転職活動は引き続き行いましょう。

スポンサーリンク

転職支援実績No.1

私もリクルートエージェントを利用して転職活動をしたことがありますが、コンサルタントは非常に親切で好感を持ちました。

希望に合った求人を紹介してもらえるので、在職中の方も仕事をしながら転職活動をスムーズに進めることが可能です。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2013年11月25日
更新日: 2015年3月2日