スカウト機能の紹介

『リクナビNEXT』や『マイナビ』などの求人情報専門サイトには『スカウト機能』と呼ばれる便利な機能が備わっています。

スカウト機能とはサイト内で、自分の経歴や希望職種などを登録することにより、企業側からアプローチを受けることができる機能になります。

スカウト機能の利点

  • 手間がかからない
  • 自分の市場価値が分かる
  • 内定までいける確率が高い

【手間がかからない】

登録フォームを作りこむだけでいいので、毎回フォームを作る必要がありません。

【自分の市場価値が分かる】

自分を検索した企業やオファーをくれた企業が分かりますので、自分の今のスキルでどれぐらい通用するのかある程度の判断材料になります。

【内定までいける確率が高い】

オファーを貰ったからといって内定を貰えるとは限りませんが、それでも一般的な求人に比べて内定を貰える可能性は高くなります。

スカウト機能の一般的な利用手順

  1. 登録フォームに必要事項を入力
  2. 情報公開
  3. オファーが来る
  4. 選考

【登録フォームに必要事項を入力】

まずはサイト内にある、スカウト機能の登録フォームを入力します。

一般的に、氏名などの個人情報とこれまでの学歴や経歴、スキルの確認、求人の希望条件を入力します。

企業側は登録内容で判断してスカウトメールを送るので、しっかり考えて、企業側に興味を持ってもらえる様な内容にしましょう。

【情報公開】

登録フォームを企業側に公開します。

個人を特定する情報(名前やメールアドレスや勤務先など)は非公開ですので安心です。

また、勤務先など特定の会社には非公開に設定できますので、在職中の方で会社にバレたくない方でも安心して利用できます。

【オファーが来る】

自分のプロフィールに興味を持った企業があったら、あなたのメールアドレスかサイト内のメッセージボックスに、オファーの通知がきます。

基本的に『わが社に興味がありましたら是非ご応募下さい』といった内容のメールが届きます。

応募方法が記載されていますので、応募される場合は、その指示にしたがって応募して下さい。

【選考】

通常の応募と同じで選考がありますので、対策をしておきましょう。

(オファーが来たからといって、必ず内定が貰えるとは限りません)

スポンサーリンク

転職支援実績No.1

私もリクルートエージェントを利用して転職活動をしたことがありますが、コンサルタントは非常に親切で好感を持ちました。

希望に合った求人を紹介してもらえるので、在職中の方も仕事をしながら転職活動をスムーズに進めることが可能です。

公開日: 2013年11月6日
更新日: 2015年3月2日