働き方には様ざまな就業形態がある

働き方には様々な就業形態があります。

大きく分けると『正社員』『契約社員』『派遣社員』『パートタイマー』『請負』があります。一般的には正社員での就業を希望されている方が多いと思いますが、他の就業形態でも正社員にはないメリットが存在します。

それでは、それぞれの就業形態に関して説明していきます。

正社員

正社員とは正規雇で雇われた労働者のことを指し、『正規社員』と呼ばれることもあります。

一般的には『社員』や『会社員』と呼ばれることが多いです。

基本的にフルタイムで働きますので、安定した収入を得ることが可能です。雇用期間は期間を定める事無く定年まで働ける場合が多い。

正社員の詳しい説明を見る

契約社員

契約社員とは一定の期間で雇用契約を結んで職務に従事する労働者の事をさします。

企業によっては、『臨時社員』や『準社員』や『期間工』などと呼ばれることもあります。

給料体系は一般的に月給制が多いが、企業によっては日給制や時給制を採用している企業もあります。契約を更新する場合は、その都度お互いの合意の下、雇用契約書にて契約更新を行います。契約社員の場合でも正社員同様フルタイムで働くことが多いので安定した収入を得ることが可能です。

派遣社員の詳しい説明を見る

派遣社員

正社員や契約社員は就業する会社に直接雇用されるのに比べ、派遣社員は、派遣会社と雇用契約を結び、派遣会社と契約を結んでいる派遣先で仕事をする就業形態になります。

ですので、正社員や契約社員とは区別されて考えられる事が多いです。即戦力として求められる場合が多く、知識を得る為に働く人の割合が多いです、

派遣社員での働き方は様々で、1週間程度の契約もあれば、長期的に雇用される場合もあります。

派遣社員の詳しい説明を見る

パートタイマー

パートタイマーの正式名称は『非正規雇用』と言います。ただ、世間一般的には『アルバイト』や『フリーター』と呼ばれることが多いです。

給料形態は基本的に時給制が採用されていて、正社員や契約社員に比べて給料水準は低いですが、採用難易度が低い場合が多いので、正社員として働くまでの繋ぎややとりあえず希望する職種の経験を積むためにパートタイマーで働かれている方も多いです。

パートタイマーの詳しい説明を見る

請負

請負とはその仕事に対しての契約を結ぶ契約になりますので、上記の就業内容とは根本的な考え方が違います。

働いている時間に対して給料を支払われるのではなくて、その仕事を完成させた対価により報酬が支払われます。

ですので、請負人は時間を束縛されること無く働くことが出来ます。その一方、雇用関係を結びませんので、雇用保険や健康保険や年金などの加入はできません。

請負の詳しい説明を見る

それぞれの働き方にメリット・デメリットが存在します。自分の働き方によって最適な就業形態を見つけてください。

いやいや、自分には会社勤めは向いていないという方は、それまでのキャリアを生かして自営業なりベンチャー企業を立ち上げるのも一つの選択肢かもしれません。

(但し、それなりの覚悟は必要です・・・)

スポンサーリンク

転職支援実績No.1

私もリクルートエージェントを利用して転職活動をしたことがありますが、コンサルタントは非常に親切で好感を持ちました。

希望に合った求人を紹介してもらえるので、在職中の方も仕事をしながら転職活動をスムーズに進めることが可能です。

公開日: 2013年10月24日
更新日: 2015年3月1日