派遣社員として働くまでの流れ

  1. 派遣元の会社に登録
  2. 登録会に参加する
  3. 仕事を紹介してもらう
  4. 派遣先での面接
  5. 内定
  6. 出勤

1.派遣元の会社に登録

まずは派遣元の会社のホームページ等からネット登録を行います。

「氏名」や「住所」などの個人情報や「学歴」や「職歴」といった簡単な情報を入力します。このときに登録会の日時や持ち物を確認します。

2.登録会に参加する

派遣元の会社にて登録会に参加します。このときに派遣元が用意した「スキルシート」や「個人情報シート」などの入力をします。場合によっては簡単なテストを実施している企業もあります。

また面談があり、希望の職種や給料などの意思を伝えて、スキルのチェックを行います。このときに具体的な求人を紹介してもらえる場合もあります。

3.仕事を紹介してもらう

仕事を紹介してもらうまでは待機します。自分の希望に合った求人が見つかった場合で、尚且つスキルが派遣先の希望するスキルに到達している場合に、やっと紹介してもらえます。ただ、紹介してももらえるからと言って採用が確定する訳ではありませんので注意してください。

このときに、面接日時や面接場所、必要書類の確認を行います。尚、登録者が直接派遣先とやりとりすることはありません。あくまで派遣元を通して全てが行われます。

4.派遣先での面接

いよいよ本番です。派遣元によっては、履歴書や職務経歴書の添削診断や面接対策を行ってくれる場合もありますので、万全の状態で望みましょう。面接の際も、派遣元のスタッフが同行してくれるので安心です。基本的に面接は派遣先の会社で行われますので、会社の雰囲気を確かめておきましょう。

面接が終わると、結果が出るまで待機です。

5.内定

採否の連絡は、派遣元の会社を通して行われます。内定が貰えた場合は、正式に雇用契約を結びます。

6.出勤

いよいよ初出勤です。最初は派遣元の担当者が同行してくれますので安心して下さい。

また、職場で困ったことや疑問に思ったことがあればいつでも派遣元の会社に相談できる仕組みになっています。そして、契約期間が満了すると再雇用してもらいます。勿論そこで契約が終了してしまう場合もあります。

契約更新を定期的に行うので、時給などの給料交渉がやりやすいと言われています。

派遣会社により多少違いはあるものの、一般的な派遣の流れは上記の通りです。

正社員や契約社員の様に直接雇用ではないので、実際に働くまでに様々なことをしなければなり面倒です。派遣先と雇用関係を結ぶ訳ではないので、どうしてもトラブルになりやすいのは派遣社員の特徴として挙げられます。

スポンサーリンク

転職支援実績No.1

私もリクルートエージェントを利用して転職活動をしたことがありますが、コンサルタントは非常に親切で好感を持ちました。

希望に合った求人を紹介してもらえるので、在職中の方も仕事をしながら転職活動をスムーズに進めることが可能です。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2013年11月27日
更新日: 2015年3月2日