派遣の種類

派遣には『一般派遣』と『特定派遣』と『紹介予定派遣』の3つの派遣形態が存在します。

一般派遣とは?

一般派遣とは、派遣会社と雇用契約を結んで、派遣会社と契約を結んでいる派遣先で就業するシステムです。事前に派遣会社に登録をして、希望の求人があった場合に紹介してもらい、派遣先で面接を行い就業するという仕組みになっています。

通常、一般派遣とはいわゆる『派遣社員』です。また、「登録型派遣」とも呼ばれます。

特定派遣とは?

特定派遣とは派遣元と正社員雇用して、派遣元と契約している派遣先で就業するシステムになります。特定派遣は、厚生労働大臣への派遣事業申請が必要となりますので、どんな会社でも特定派遣として従業員を出向させることは出来ません。

特定派遣の場合は一般派遣とは違い正社員として雇用されるので、安定した収入を得ることができます。ただ、派遣先がコロコロ変わることが多く、転勤や業務内容の変更が頻繁に行われている現状があります。

紹介予定派遣とは?

紹介予定派遣とは、派遣元と派遣社員の契約を結ぶ所は一般派遣と同じですが、派遣先で直接雇用をしてもらう前提で派遣元と契約を結びます。紹介予定派遣は「派遣元」「派遣先」「従業員」の全てにメリットがあります。

派遣元は派遣先に正社員として雇用してもらうとかなりのマージンが貰えるメリットはあります。

派遣先のメリットは、とりあえず派遣元と契約を結んでもらい、使える人材かを見極めてから自社に雇用できるというメリットがあります。(使い物にならなければ契約しなくても良いのでリスクが低くなる)

従業員のメリットは、とりあえず派遣先で派遣社員として働いて自分にその仕事が合うのか合わないのかの見極めてから派遣先に雇用してもらうことが出来ます。正社員で雇用された場合は、入社してすぐ退職したら、次に転職する際に大きな汚点になりますが、派遣社員の場合は短期間で退職しても『期間満了』として見なされるので、そこまでの汚点にはなりません。

また、紹介予定派遣の場合の雇用期間は最長で6ヶ月になりますので、それを超えた場合は、派遣先へ直接雇用されるか契約の打ち切りの基本的にどちらかになります。

スポンサーリンク

転職支援実績No.1

私もリクルートエージェントを利用して転職活動をしたことがありますが、コンサルタントは非常に親切で好感を持ちました。

希望に合った求人を紹介してもらえるので、在職中の方も仕事をしながら転職活動をスムーズに進めることが可能です。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2013年10月24日
更新日: 2015年3月2日