契約社員の説明

契約社員とは一定の期間で雇用契約を結んで職務に従事する労働者のことを言います。

企業によっては、『臨時社員』や『準社員』や『期間工』などと呼ばれることもあります。

福利厚生もしっかりしており、基本的に働く期間が設けられているというところ以外は正社員と変わりはありませんが、ボーナスが支給されなかったり、退職金が支払われなかったりすることが多いので、待遇面に関しては正社員に比べて劣ります。

また、正社員に比べると昇進や昇格の機会も少なく、給料も上がりにくいです。

給料体系は一般的に月給制が多いですが、企業によっては日給制や時給制を採用している場合もあります。

契約を更新する場合は、その都度、企業側と労働者側の合意の下、雇用契約書を交わして契約更新を行いますので、企業の経営が厳しくなると、正社員ではなくまず契約社員の契約が打ち切られるリスクがあります。

但し、契約社員の場合でも正社員と同様にフルタイムで働くことが多いので、正社員い比べて収入は低くなりますが、パートタイマーに比べると、毎月安定した収入を得ることが可能です。

契約社員で働くことのメリット・デメリット

スポンサーリンク

転職支援実績No.1

私もリクルートエージェントを利用して転職活動をしたことがありますが、コンサルタントは非常に親切で好感を持ちました。

希望に合った求人を紹介してもらえるので、在職中の方も仕事をしながら転職活動をスムーズに進めることが可能です。

参考記事

正社員と契約社員の違いは? 

公開日: 2013年11月27日
更新日: 2015年3月2日