契約社員で働くことのメリット・デメリット

契約社員は期間を定めて働く就業形態です。

契約期限が終わると、会社と労働者との合意があれば雇用期間の延長が出来ます。契約期間は会社により異なりますが、一般的に3ヶ月や半年、1年など短い契約の場合が多く、その都度更新していくという就業パターンが多いです。

それでは、契約社員で働くメリット・デメリットについて考えていきましょう。

契約社員で働くメリット

  • 契約更新時に給料アップの交渉がしやすい
  • 繋ぎとして働ける
  • 給料水準が高い場合が多い
  • 比較的採用されやすい

契約更新時に給料アップの交渉がしやすい

契約社員は正社員と違いある一定の期限で契約を更新していきますので、契約更新時に給料面などの契約条件の交渉がやりやすいです。

繋ぎとして働ける

契約社員は就業期限が決められているので、次にやりたい仕事などがある場合、その繋ぎとして働くことが出来ます。

給料水準が高い場合が多い

他の就業形態に比べて給料水準が高い場合が多い。(正社員を除く)

比較的採用されやすい

契約期間が定められていることで、会社側は採用に関してはそれほどリスクを負わなくていいので、とりあえず採用して3ヶ月の契約で働きを判断して駄目なら契約更新をしないといったことができるので、採用の窓口は広くなっています。

契約社員で働くデメリット

  • 雇用期間が安定しない
  • 賞与が無い
  • 退職金が無い
  • 年功序列が適応されにくい

雇用期間が安定しない

雇用期間が定められているので雇用期間が安定しません。契約社員で働く一番のデメリットとして言えるでしょう。

賞与が無い

基本的に賞与がありませんので、月に貰う給料のみが収入になるので、ローンなどでボーナス払いを選択することが困難です。

退職金が無い

退職金がありませんので、長く勤める場合にはデメリットと言えるでしょう。一つの会社で長く勤めたい場合は、正社員を目指すことをオススメします。

年功序列が適応されにくい

基本的に年齢により給料が上がることが少ないので、会社に認められなければいつまで経っても給料があがりません。

スポンサーリンク

転職支援実績No.1

私もリクルートエージェントを利用して転職活動をしたことがありますが、コンサルタントは非常に親切で好感を持ちました。

希望に合った求人を紹介してもらえるので、在職中の方も仕事をしながら転職活動をスムーズに進めることが可能です。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2013年10月24日
更新日: 2015年3月2日