正社員の説明

正社員とは、正規雇で雇われた労働者のことを指し、『正規社員』と呼ばれることもあります。一般的には『社員』や『会社員』と呼ばれることが多いです。

正社員は法律に定められた用語ではないので、他の就業形態と明確な区別は付けられてはいませんが、世間一般での正社員とは、雇用期間の定めることが無く、定年まで安定して働くことができると理解されています。

但し、会社の都合により退職を強制されることもありますので、一度就職したからと言って定年まで働けるという保障はどこにもありません。年齢を重ねるほどリストラのリスクは高くなります。

そういった背景からか、正社員になることができれば、一生安定した生活が遅れるとは限らないので、それなりに危機感を持って仕事に取り組まなければいけません。

正社員で数年働くとキャリアとして見なされるので、転職活動に有利になります。また、社会的信用も得ることが出来るので、住宅ローンや車のローンが組みやすくなります。

一般的には、管理職や役員は正社員しかなることができないので、やりがいはあります。

但し、正社員の場合はアルバイトなどの違い、社会的責任が大きく圧し掛かりますので責任ある行動が求められます。

正社員で働くことのメリット・デメリット

スポンサーリンク

転職支援実績No.1

私もリクルートエージェントを利用して転職活動をしたことがありますが、コンサルタントは非常に親切で好感を持ちました。

希望に合った求人を紹介してもらえるので、在職中の方も仕事をしながら転職活動をスムーズに進めることが可能です。

参考記事

正社員と契約社員の違いは? 

公開日: 2013年11月27日
更新日: 2015年3月2日