請負の説明

請負はフリーランスや個人事業主と同じ意味になります。

請負とは、その仕事に対しての契約を結ぶ契約になりますので、正社員やアルバイトと言った雇用主と雇用契約を結ぶ働き方とは根本的に異なります。

アルバイトの様に、労働時間に対して給料が支払われるのではなく、その仕事を完成させた対価により報酬が支払われます。

ですので、請負人は時間を束縛されること無く働くことが出来ます。その一方、雇用関係を結びませんので、雇用保険や健康保険や年金などの加入はできません。

自分が働いた分だけ報酬を得ることができますので、その分やりがいもあります。また、正社員として働きながら、副業として請負業務をしているサラリーマンやOLも多数存在します。

請負で働くことのメリット・デメリット

スポンサーリンク

適正年収を調べる

私も転職力診断してみたら、今の年収よりも『47万3千円』も高い結果が!

適正年収の他にも、『予想内定者数』や『企業分析力』などを分析して、総合順位もその場ですぐに判定してくれるので、自分の市場価値を客観的に判断できる。

公開日: 2013年11月28日
更新日: 2015年3月2日