求人情報を読み解こう

「インターネット」「新聞」「ハローワーク」「求人情報誌」など、どの媒体で求人を探す際にも『求人情報』が必ず明記されています。

この求人情報の中に、会社情報や仕事内容や勤務地などの基本情報から、給料や福利厚生などの待遇面など、求人に関する様々な情報が盛り込まれています。

インターネットやハローワークは、求人情報のスペースが大きくとられている場合が多いので、多くの求人情報が記載されているのに比べ、新聞や求人情報誌の場合は、広告のスペースが狭く設定されている場合が多いので、必要最低限の求人情報しか載っておらず、場合によっては略語や独自の言い回しにより、なかなか内容を理解できなくなる場合もあります。

そこで分からないと思って理解せずに読み飛ばして、実際に会社に入社して「こんなはずじゃなかった」と後悔してしまうのは避けなければなりません。「ここに転職して良かった」と思えるようにするには、求人情報を正しく理解して、分からない所をしっかり理解する必要があります。その為にも、求人情報の読み取り方をしっかりと理解できるようにしましょう。

求人情報でチェックすべき項目

求人情報の賢い見方

求人情報で危険な会社を見極めよう

スポンサーリンク

転職支援実績No.1

私もリクルートエージェントを利用して転職活動をしたことがありますが、コンサルタントは非常に親切で好感を持ちました。

希望に合った求人を紹介してもらえるので、在職中の方も仕事をしながら転職活動をスムーズに進めることが可能です。

公開日: 2013年11月25日
更新日: 2015年3月2日