パワーハラスメント(パワハラ)について

ハラスメント

スポンサーリンク

転職支援実績No.1

私もリクルートエージェントを利用して転職活動をしたことがありますが、コンサルタントは非常に親切で好感を持ちました。

希望に合った求人を紹介してもらえるので、在職中の方も仕事をしながら転職活動をスムーズに進めることが可能です。

パワーハラスメント(パワハラ)とは、職場において、その権力を振りかざし、相手の人格や尊厳を侵害する言動を繰り返し、その相手に対して精神的な苦痛を与えることを指します。

パワハラ自体は、これまで、セクハラと違って法的な規制がありませんでしたが、2012年に厚生労働省が発表した「職場のいじめ・嫌がらせ問題に関する円卓会議ワーキング・グループ」において、明確な定義を提案されました。

パワハラには、大きく分けて4つのタイプに分かれており、とにかく怒鳴って相手を威嚇する「攻撃型」、相手のすることを否定する「否定型」、業務を押し付ける「強要型」、仕事を与えないなどの「妨害型」に分けることができます。

パワハラの被害者になることもあれば、知らぬ間に加害者側に回ってしまうことも考えられます。部下に教育するのも度が過ぎればパワハラに該当する可能性が出てきます。自分では気にならなくても、相手にとっては深刻なダメージを受けている可能性もあります。セクハラにも言えることですが、相手の立場を考えて行動することが大事です。

パワハラに対して、少しでも解決の糸口を見つけれる様な記事を提供できればと考えています。

パワーハラスメントの記事一覧

パワーハラスメント(パワハラ)とは、職場において、その権力を振りかざし、相手の人格や尊厳を侵害する言動を繰り返し、その相手に対して精神的な苦痛を与えることを指します。

パワハラの基本 【攻撃型・否定型・強要型・妨害型】

2018.07.04

パワハラは、2012年に厚生労働省が発表した「職場のいじめ・嫌がらせ問題に関する円卓会議ワーキング・グループ」において、明確な定義を提案されました。これを簡単に言うと「いじめ」です。

パワハラはいじめである

2018.07.04

自分が働いている会社では、パワハラは100%無いと言い切れる人はそれほど多くないと思います。

どの会社でも起こりうることだし、自分が被害者や加害者にならないとしても、社内でパワハラが行われているのであれば、それはもう他人ごとではありません。

社内でパワハラが発生したら被害者・加害者にどう対処する?

2018.07.04

パワハラをしやすい人の傾向をまとめてみましたので、自分に当てはまっているのか参考にしてみて下さい。

パワハラをしやすい人の傾向

2018.07.04

自分には関係ないと思っているパワハラでも、知らず知らずの内に、加害者になってしまう可能性もゼロではありません。

それでは、こういった場面に遭遇しすることで、自分も加害者になってしまうかもしれないという事例をいくつか挙げていきたいと思います。

あなたもパワハラの加害者かもしれない

2018.07.04

学校における「いじめ」と同じで、パワハラに対しても被害に遭いやすい人は残念ながら存在します。

パワハラをしている上司が悪いことは間違いありませんが、被害者側も少し対応を変えてあげることで、パワハラから解放される可能性があります。

パワハラの被害者になりやすい人の傾向

2018.07.04

いつ自分がパワハラの被害に遭うのか分かりません。

パワハラに限らず、セクハラにも言えることですが、徐々にエスカレートしていく傾向にありますので、最初の段階でしっかりと対策をとれば、十分に修復することは可能です。

パワハラの被害に遭ったらどこに相談したらいいの?

2018.07.04

自分の適正年収を調べる

「転職サイト@type」に登録すると自分の適性年収を調べることができます。

私も無料診断したら、今の年収よりも44万6千円も高い結果が!

もちろん、全てのサービスを無料で利用できるので、求職中の方はもちろん、就業中の方も、自分の適正年収がどれぐらいなのかを調べてみて下さい。