会社で私用メールやネットの閲覧履歴がバレる理由

会社で暇なときは会社のパソコンを使って私用のメールを打ったり、ネットで芸能ニュースを閲覧したり暇つぶしをしています。一応、上司にバレない様にコソコソしてきたつもりですが、先日、上司から「〇〇さん、私用でパソコン使うの止めてくれないかな!」と怒られました。私はパソコンに全然詳しくないので、どこからどうやって情報が漏れたのかがわかりません。

サーバに情報が残っていればバレます

そもそも会社の備品(パソコン)を使って、しかも勤務中に私的な理由で、メールやネット閲覧をするというのは、バレるバレない以前に、道徳的に問題がありますがそれを話し出すと先に進まないのでとりあえずスルーしてみます。

私用メールやネットの閲覧履歴がバレる理由

1.履歴が残っているので

バレる理由で最も考えられるのが履歴からだと思います。

2.サーバに情報が残っているので

たとえパソコン内の閲覧履歴やクッキーを削除しても、会社がファイヤーウォールなどで管理サーバ側でログをとっていれば記録は残るのでそこからバレる可能性はあります。

3.密告

実は私が以前勤めていた会社でも、仕事中にネットオークションを楽しんでいた主任をその部下が上司に密告していました。

その主任は相当恨みを買っていたんでしょうね・・・恐ろしや。

副業や失業手当の不正受給なんかにも同じことが言えますが、同僚や部下からの密告によりバレるケースってかなり多いです。

4.上司がコッソリ見ていた

バレないつもりでサボっていても案外上司には筒抜けになっている可能性があります。

どこまでバレるの?

メールであればメールの送受信先・内容・添付ファイル、ネット閲覧であればサイトのURLから内容まで全て把握できます。

バレない為の対策

1.とにかく削除

パソコンの中に入っているこれまで閲覧履歴やクッキー、一時ファイルなど全てを削除しましょう。ゴミ箱も空っぽにすることを忘れずに・・・

間違って、必要なファイルを消しちゃわない様に気を付けましょう。(そんなことしたら、それこそクビになります)

管理サーバ側のログの記録はどうすることもできないので諦めましょう。

2.サボる時は周りを気にする

密告からバレることも大いに考えられるので、上司は勿論、同僚や部下などにも自分がサボっていることを悟られない様に、周りを気にしながらサボりましょう。

※この方法を実践してバレても当方は一切の責任を負いません・・・自己責任でお願いします(笑)

スポンサーリンク

適正年収を調べる

私も転職力診断してみたら、今の年収よりも『47万3千円』も高い結果が!

適正年収の他にも、『予想内定者数』や『企業分析力』などを分析して、総合順位もその場ですぐに判定してくれるので、自分の市場価値を客観的に判断できる。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2015年5月17日