転職するなら大企業かベンチャー企業どちらがいい?

転職する会社を選ぶ場合、いくつか選択しがあると思いますが、その一つに『会社の規模』を考える人は多いはずです。

会社はその規模に応じて『大企業』と『中小企業』に分けられます。

【中小企業の定義】

業種 従業員 資本金規模
製造業・その他 300人以下 3億円以下
卸売業 100人以下 1億円以下
小売業 50人以下 5000万円以下
サービス業 100人以下 5000万円以下

これに当てはまらない会社は『大企業』になります。

皆さんは大企業か中小企業(ベンチャー)、どちらに就職したいですか?

俺は大きな事をしたいから大企業!!

私は小さい会社で色々経験したいから中小企業!!

様々な意見があると思いますが、大半の人は大企業で働きたいと思うでしょう。

ではそれぞれのメリット・デメリットを考えていきます。

大企業で働くメリット・デメリット

【メリット】

  • 給料ベースが高い
  • 倒産リスクが低い
  • 年功序列な会社が多い
  • 大きなお金を動かせる

【デメリット】

  • 大人数で仕事をする事が多いので仕事を出来る範囲が狭くなる
  • 個人の意見が通りにくい
  • 成果に対するリターン率が低くなる

中小企業(ベンチャー)で働くメリット・デメリット

【メリット】

  • 一人でする仕事の範囲が広くなりやりがいを持てるし色々な知識を身につけられる
  • 自分の頑張りがそのまま会社の利益につながりやすい

【デメリット】

  • 給料水準が低い
  • 倒産リスクが高い
  • 歩合的な部分が多く、成果をあげられなければ給料が上がらない

大企業で働くことのメリットは簡単に言うと『安定』でしょう

中小企業で働くことのメリットは『やりがい』でしょう

一般的に会社の規模が小さいほど、自分のやった仕事の成果が会社の利益に反映されやすくなります。

なので、必ずしも大企業で働くことが良いとは言いきれません。

ただ大企業に就職できる人は中小企業でも就職できますが、中小企業で働いている人は大企業に転職できるかというと・・・

そういう意味でも難易度の高い大企業で働きたいという意見が多いのも納得できます。

スポンサーリンク

転職支援実績No.1

私もリクルートエージェントを利用して転職活動をしたことがありますが、コンサルタントは非常に親切で好感を持ちました。

希望に合った求人を紹介してもらえるので、在職中の方も仕事をしながら転職活動をスムーズに進めることが可能です。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2013年10月21日
更新日: 2015年3月3日