転職フェアに出展している企業は危ない?

転職フェアに出展している企業は、従業員を一気に雇いこんで、使えない人材は切り捨てるといったことをしていると聞いたことがあります。そのこともあってか、転職フェアには興味がありますが、なかなか踏み出せません。実際のところどうなんですか?

全くもって根拠のない話です。

一度、参加企業を見渡して見てください。大企業と呼ばれる会社が多数出展しています。そのような会社は黙っていても、数千という求職者が集まります。ではなぜ、応募者が多数いるのに、転職フェアに出展するのか?

その理由は、転職サイトとか情報誌だと、企業が求める優秀な人材が集まりにくいことが挙げられます。誰でもいいのでとりあえず採用したい訳ではないのです。しかしその反面、出展している企業の中には「誰でもいからとりあえず採用して使えなければ何かと理由をつけて退職に追い込む」といった理念の企業もあるかもしれません。

しかし、それは転職サイトの求人でも、求人誌の求人でも、ハローワークの求人でも、どんな求人に対しても言えることですよね。

ヤバイ会社を見分けるのは周りではなく、あなたです。

噂に惑わされず、自分の目と足で会社選びをしっかりすれば、そんな企業に転職することはないでしょう。その辺りの判断をしっかりすることが、転職活動では重要になってきます。

スポンサーリンク

適正年収を調べる

私も転職力診断してみたら、今の年収よりも『47万3千円』も高い結果が!

適正年収の他にも、『予想内定者数』や『企業分析力』などを分析して、総合順位もその場ですぐに判定してくれるので、自分の市場価値を客観的に判断できる。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2013年11月15日
更新日: 2015年3月3日