月末退職と月末1日前退職はどちらが得するの?

退職する日をいつに設定するか悩んでいます。一番得する退職日はいつになりますか?

その場のことを考えると、月末1日前のほうがお得になる可能性が高いです。しかし、後々を考えると月末退社の方が無難です。

よく『月末退職の前の日に退職すると得をする』という言葉を耳にします。ここでの『得をする』とは給料で得をするのでは無く、保険や年金で得をするということです。

では、果たして本当に得をするんでしょうか?

まずは、年金について考えていきます。

年金は得するの?

会社員として働いているときは厚生年金に加入しています。会社を退職すると厚生年金の資格を喪失するため、国民年金に切り替えます。厳密に言うと厚生年金の喪失する日は『退職の次の日』からになります。

例えば3月31日(月末)に退職した場合、4月1日に資格が喪失されますので、3月分の厚生年金はこれまでと同様に会社の給料から徴収されます。しかし、3月30日(月末1日前)に退職すると、3月31日に資格が喪失されますので3月分の厚生年金は会社の給料から徴収されません。

ヤッター!一か月分の年金料を支払わなくて良い!!確かにその通りですが、注意が必要です。

厚生年金の資格を喪失したら、国民年金に加入しなければいけません。3月30日に退職するという事は3月は国民年金に加入することになります。国民年金の加入手続きは自分で行わなければいけません。

一般的に、厚生年金より国民年金の方が安くなりますが、その分年金の受給額が少なくなります。退職して次の会社がすぐ決まっている人のほとんどの方は、国民年金の加入手続きをしまん。

国民健康保険に加入しなければ3月度は1円も支払わなくても良いことになります。

(年金は加入義務があるので、本当は駄目ですよ!)

しかし、年金を1ヶ月でも滞納することによって、将来貰える年金の額が大幅に減ってしまう可能性があります。

次に健康保険で考えていきます。

健康保険は得するの?

これも、年金のときと同じような考え方になります。会社に勤務している時は社会保険に加入しますが、会社を退職するとほとんどの人が「国民健康保険」か「任意継続保険」に加入することになります。

例えば、3月31日(月末)に退職すると4月1日に社会保険が喪失されます。しかし、3月30日(月末1日前)に退職すると3月31日に資格が喪失されますので、3月分の社会保険は徴収されません。

この場合、一見3月30日で辞めれば、3月分の保険料を支払わなくていいので得するように見えます。

しかし、そうではありません。

社会保険を脱退すると、自動的に国民健康保険に切り替わります。

(手続きをすれば任意継続保険に加入する事も可能)

会社に勤めている時は保険料を半分会社が払っていてくれていたのでそれほど高いと思っていないでしょう。しかし、国民健康保険は全額自分で負担しなければなりません。それは任意継続保険でも同じです。その分、今まで会社員で払ってきた保険料より大幅にアップします。

(収入などによりますがおよそ1.8倍~2倍程度アップします)

3月の1ヶ月だけと言えど、保険料を倍近く払いますので、損すると考えて良いです。

いや、私は次の就職先が決まっているので、国民健康保険の加入手続きをしない!!という方も多数いらっしゃるでしょう。

(健康保険の加入は国民の義務なんで本当は駄目ですよ!)

そうすれば3月分の保険料は支払わなくて良いことになります。

しかし、1カ月の保険料を支払わないだけで、傷病手当や出産手当の受給資格を得られない可能性があり、後々大きなしっぺ返しを食らう可能性があります。

(傷病手当や出産手当の受給資格は1年以上被保険者であること)

また、無保険の状態で怪我などして病院に行くと治療費を全額負担しなければいけなくなる場合があります。

就職が決まらず数ヶ月経ってから国民健康保険に加入する場合、それまで未納していた保険料金を全て納付しなければいけません

結論を言うと、『月末1日前に退職したほうがその場では得をする』という事になります。

しかし、『後々大しっぺ返しを食らう可能性がある』と一言付け足しておきます。

なお、ブラックな会社の場合、月末1日前に退職してくれると1ヶ月分の保険料を折半しなくて済むので、何かと月の途中で退職を促す場合がありますが、こういった背景がありますので、慎重に判断してください。

スポンサーリンク

転職支援実績No.1

私もリクルートエージェントを利用して転職活動をしたことがありますが、コンサルタントは非常に親切で好感を持ちました。

希望に合った求人を紹介してもらえるので、在職中の方も仕事をしながら転職活動をスムーズに進めることが可能です。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2013年10月25日
更新日: 2015年3月3日