ハローワークの求人の大半がブラック企業って本当?

現在転職活動中で、近所のハローワークを利用して求人を探していますが、友人からハローワークの求人は質が悪くて給料も安くて大半がブラック企業だから転職エージェントなどを利用して転職活動した方が良いよ!って言われました。ただ、私の済んでいる所は田舎なのでDODAなどの転職エージェント会社を利用しようとすると距離的にすごく大変です。出来ればハローワークで求人を探したいんですが、友人の言っていることは本当なんですか?

そうとは言い切れません

確かに、ハローワークの求人は質が悪くて給料が低いと言った話をよく聞きます。実際に私も、3度転職しており、その都度ハローワークで求職活動をしたことがありますが、1度もハローワーク経由で転職を成功させたことはありません。

ハローワークに登録している求人のほとんどは従業員が100名以下の中小企業になりますので、転職サイトの様に大企業の求人がずらりと並んでいることはありません。中小企業は大企業に比べると給料水準が低くなるため、ハローワークの求人は転職サイトの求人に比べて自ずと給料水準が低くなります。

これは間違いないです。

中小企業の求人がハローワークに集まる理由は、「ハローワークに求人を出すのに特別な審査なく、尚且つ無料で掲載できる」という理由だからです。

特別な審査が無いので、労働条件が劣悪な会社でも求人を出せてしまいます。(勿論、労働基準法の範囲内ですが)

ただ、だからと言ってハローワークには条件の良い求人が無い訳ではありません。会社規模の小さくても好条件の求人を掲載している場合もあるし、大企業でもブラック企業は多々あります。

条件の良い求人は争奪戦になる

ハローワークに行かれたことがある方は良くご存じだと思いますが、ハローワークにはもの凄い数の求職者が存在します。都心部でしたらネットを観覧するだけで30分待ちとかざらです。そうなると条件の良い求人に求職者が殺到することは安易に予想できますよね。

そもそも・・・

そもそも、良い条件の求人の基準は人によって違います。毎日定時で仕事が終わる求人があったとして、自由な時間を大事にしたい人であれば良い条件だけど、残業していっぱい稼ぎたいという人からしてみれば、良い条件ではありません。

単調な仕事の求人があったとしても、楽して仕事したい人からしてみれば、良い条件ですが、向上心があり経験を積みたい!といった方には良い条件ではありません。

スポンサーリンク

適正年収を調べる

私も転職力診断してみたら、今の年収よりも『47万3千円』も高い結果が!

適正年収の他にも、『予想内定者数』や『企業分析力』などを分析して、総合順位もその場ですぐに判定してくれるので、自分の市場価値を客観的に判断できる。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2014年7月4日
更新日: 2014年12月6日