ハローワークのセミナーやイベントには参加すべき?

ハローワークで求職登録をした際に、色々なセミナーやイベントのパンフレットを貰いましたが参加した方が良いですか?そもそも役に立つの?

出来る限り参加することをオススメします。

私がハローワークを利用していた10年以上前(2000年頃)と違って、今のハローワークは定期的に様々なセミナーやイベントが開催されています。公共職業安定所の努力のたまものだと勝手に解釈していますが、多くの求職者はこれらのセミナーやイベントに参加することはありません。

(失業保険の活動実績を稼ぐために利用している求職者は多数いますが・・・)

ハローワークのセミナーに参加しても参考にならない」「エージェントのセミナーの方が質が良い」と思われる方もいると思います。(私も求職活動しているときはそう思っていました)

確かに、ハローワークの「面接セミナー」や「履歴書・職務経歴書の書き方セミナー」などは、市販の本に書かれている内容を繰り返し行っているだけのセミナーもあります。そういった意味でも、転職活動のスペシャリストが集う転職エージェントのセミナーに比べると質は落ちるかもしれません。

しかし、エージェントのセミナーに比べて少人数で行われるセミナーが多いので、より実践的にポイントを押さえつつ親身になって対応してもらえるセミナーが多いので、自分の悪い癖を見直すにはもってこいの機会と言えるでしょう。

また、ハローワークでは定期的に自治体と共催する「合同面接会」を開催していますので、一度に複数の企業の面接を受けることができますので、かなり効率的に求職活動を進めることができます。

そういった背景もありますので、ハローワークが主催しているから参加しても意味が無いと決めつけずに、出来る限り参加することをオススメします。

スポンサーリンク

適正年収を調べる

私も転職力診断してみたら、今の年収よりも『47万3千円』も高い結果が!

適正年収の他にも、『予想内定者数』や『企業分析力』などを分析して、総合順位もその場ですぐに判定してくれるので、自分の市場価値を客観的に判断できる。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2014年7月8日
更新日: 2014年12月6日