電車通勤と偽って、不正に通勤手当を貰っても問題ない?

以前は、電車で通勤していたので通勤手当を支給してもらってましたが、電車では時間がかかるので、今は原付で通勤しています。会社には現在も電車で通勤していることになっているので、これまでと同額の通勤手当を支給してもらっています。この場合、このまま通勤手当をもらい続けても問題ありませんか?

問題あり。場合によっては、詐欺罪で訴えられる可能性もあります。

電車通勤と偽って、自転車やバイクなどで通勤して通勤手当てを浮かそうとする方は結構いらっしゃると思います。その場合、法的・社内的に問題はないのか?

結論から言います。

もし発覚した場合、会社により対応の仕方は変わってくるでしょうが、最悪の場合『詐欺罪』に問われる可能性があります。

よく考えてください。会社に対して、虚偽の申請をして通勤手当という『お金』をだまし取っています。これはどう考えても詐欺罪にあたります。

しかし、現実的に交通費を浮かしてバイクや自転車で通勤いている人は多くいます。『赤信号みんなで渡れば恐くない』という言葉通り、みんなやってるからいいでしょうと考えている人も少なくないはず。確かにバレる可能性は低いかもしれません。特に大企業の場合は、社員一人ひとりどういう交通経路で通勤しているか把握するのは難しいです。

しかし、もしバレると訴えられる可能性があります。

訴えるまでいかなくても、これまで虚偽で受け取った通勤手当は不当利得として全て返還しなければいけません。また、その様な不正がバレた場合、今後の昇給、昇進のハードルは非常に高くなるでしょう。最悪解雇になるかもいれません。

それほどリスクの高いことです。

もし今、その様に虚偽の申請をして通勤手当を貰ってる人がいれば、今一度考えを改めてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

転職支援実績No.1

私もリクルートエージェントを利用して転職活動をしたことがありますが、コンサルタントは非常に親切で好感を持ちました。

希望に合った求人を紹介してもらえるので、在職中の方も仕事をしながら転職活動をスムーズに進めることが可能です。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2013年10月21日
更新日: 2016年11月10日