外資系企業は高収入って本当?特徴は?

外資系企業に勤めている社員は高収入ってイメージがありますが、実際の所どうですか?

外資系企業の平均年収は日本企業に比べて高い水準になります。

質問者さんの言う通り、外資系企業に勤める社員の平均年収は「700~800万円」と言われいるので、2013年度のサラリーマンの平均年収「414万円」に比べると、倍近く高い水準になっているので、「外資系企業=高収入」というイメージを持つのは当然のことです。

そもそも外資系とは?

外資系企業とは、外国人(外国法人)が出資する日本企業のことを指します。

外資系企業と言ってもいくつかのタイプに分かれており、大きく分けると、マイクロソフトやインテルや日本IBMなどの「100%外資の会社」と、日本マクドナルドや住友スリーエムなどの「日本企業との合併会社」と、日産自動車やマツダなどの「外資に買収された会社」の3つのパターンに分かれます。

外資系企業で勤めるメリット・デメリット

日本企業と外資系企業では経営の考え方そのものが異なります。

評価方法

日本企業では、今では成果主義が定着している企業が多くなっているものの、やはりほとんどの企業が「年功序列制度」です。大して仕事が出来なくて会社の利益に貢献していなくても、勤続年数が増えるごとに収入はアップします。

良くも悪くも、頑張っても頑張らなくても対して収入は変わりません。適当に仕事をしている人や高年齢の方には有り難い制度ですが、バリバリ頑張る若手社員からしてみれば、やる気を無くす制度でもあります。(私はこの制度があるのでサラリーマンを辞めました)

一方、外資系企業では「成果主義」を重視するので、仕事が出来れば出世も早いです。なので、日本企業では有り得ない20代で年収1,000万円稼ぐことも可能です。

しかし、日本人の多くは成果主義を嫌います。それは皆平等と言う精神が強いからです。

確かに一理あります。

先ほども言いましたが、20代で年収1,000万円稼ぐことも出来ますが、逆に、評価されなければ何年働いても年収が上がらないことだってあります。

独身であれば収入が低くても生活できますが、結婚して子供が産まれたとなると入社時と同じ給料だと生活できません。なので、高収入は求めない代わりに、それなりの給料は貰いたいという心理が働くのも無理はありません。

日本企業にも良い面はある

外資系企業の平均年収は、日本企業のサラリーマンに比べて高くなると言いましたが、日本企業にも良い面はあります。

その一つは終身雇用です。

日本企業でしか働いたことがない人にとっては、「正社員で働いていたら終身雇用は当たり前じゃないか!」と思われるかもしれませんが、外資系企業のほとんどが終身雇用と言う概念がありません。

日本企業では、倒産のリスクはありますが、一度入社すれば悪さをして解雇にならない限り定年まで働くことが出来ます。しかし、外資系企業の場合、いつ解雇になるか分からないし、日本の企業から撤退すれば、一部の有能な社員を除いてほとんどの社員が路頭に迷うことになります。これは倒産のリスクより高いです。

外資系企業の給料が高い理由

日本企業では、基本給にプラスして残業代や住宅手当や家族手当などの手当が支給されます。

その点、外資系企業ではこれらの手当をすべて含めた給料形態になるので、基本給で比較すると日本企業より高くなるのは当然です。

まー、それを差し引いても平均年収で言えば外資系企業の方が高いですがね・・・

日本企業と外資系企業・・・どちらが良い

安定を求めるなら「日本企業」、自分の能力を活かすなら「外資系企業」の方が合っているかもしれません。

勿論、成果主義を推している日本企業もあるし、年功序列の外資系企業も存在するので、一概に全ての条件で当てはまるとは限りません。

外資系企業の求人を探すなら「外資転職.com」

公開日: 2015年1月8日