結婚した直後に転職(就職)するのは不利?

28歳女性です。先日、婚約をしました。これまで契約社員として働いていましたが、期間満了となり退職して今は無職です。子供はまだ出来そうに無いので、出来るだけ早く転職先を見つけて働きたいと思っているのですが、結婚前は挙式や引っ越しの準備がありますので、結婚した後で落ち着いてから転職活動した方が良いのかなとも思います。ただ、結婚すると転職に不利になるとも耳にするので、実際のところ、今から転職活動をするのか、結婚した後に転職活動するのとどちらが良いですか?

結婚前に転職することを心がけましょう

結論から言うと結婚する前に転職先を決めてしまう方が良いです。と言うより、女性の結婚直後の求職者は企業から敬遠されてしまう可能性が高いです。

企業が結婚直後の女性を敬遠する理由

企業が結婚直後の女性を敬遠する理由として挙げられるのが「妊娠」です。やはり結婚直後の女性だと妊娠する可能性が高くなるので、転職後、すぐに退職してしまうリスクが伴いますので敬遠しがちです。また、産後休暇や育児休暇で長期間抜けられる可能性もあります。

(まー、卓越したスキルや経験があればあまり気にする必要もありませんが・・・)

それなら、リスクの少ない未婚の女性、子育てが一段落した主婦を採用する方が企業としては計算が立てやすいので採用される可能性は上がります。妊娠自体は誠におめでたいことですが、企業からしてみれば決してめでたいことでもありません。

結婚前は色々大変だが・・・

確かに、結婚前は挙式の準備や住まいをどうするのかなど、考えなければいけないことは山ほどありますので、それと並行して転職活動をするのは、精神的にも肉体的にも大変だと思います。しかし、このご時世、いつ夫となる彼氏がリストラに遭うかもしれません。そうなった場合、家計を助けるのは嫁であるあなたです。

ですので、今のうちに今後のことを考えて、出来るだけ条件のいい会社に転職出来るように努力することを心がけましょう。

スポンサーリンク

適正年収を調べる

私も転職力診断してみたら、今の年収よりも『47万3千円』も高い結果が!

適正年収の他にも、『予想内定者数』や『企業分析力』などを分析して、総合順位もその場ですぐに判定してくれるので、自分の市場価値を客観的に判断できる。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2014年5月27日
更新日: 2014年12月6日