効率の良い求職活動の進め方は?

生まれて初めて転職活動しますが、転職活動する方法があり過ぎて何からどう始めれば良いのか分かりません。

まずは転職エージェントを利用して転職活動を進めることをオススメします。

質問者さんの様に初めて転職活動をする場合、何からすれば良いのか分からない人も多いと思います。転職を成功させるにはコツがあります。しかし、そのコツは希望する業種や職種、会社の規模、自分のスキルなどによりアプローチの仕方が変わりますので、自分チョット調べてコツを掴めるほど甘くはありません。

求職活動の方法として、求人誌や求人サイトを利用して自分で探しても良いですが、転職のコツが分からない求職者が闇雲に探しても良い会社に巡り合える可能性は低いでしょう。

なので、転職活動が初めてでどうやって求職活動をしていけば良いのか分からない方は、まずは転職支援サービスを利用することをオススメします。転職支援サービスとは、ハローワークや転職エージェントなど、コンサルタント(職員)に転職相談しながら求職活動を進めていく方法です。

相談しながら転職活動することで、より自分に合った会社に就職できる可能性が高くなるのは勿論、模擬面接や履歴書の添削を受けることもできますので、転職ノウハウも身に付けることができます。

その中でも、転職エージェントのコンサルタントは、各業種、職種で活躍してきたスペシャリストが集っていますので、ハローワークに比べてより有意義な時間を過ごすことができます。

求職活動の流れ

先ほども言いましたが、まずはDODAリクルートエージェントなどの転職エージェント会社を利用することをオススメします。ただ、エージェント経由の求人は大企業の割合が多いので、採用ハードルが高くなる傾向があります。

転職エージェントを利用して上手くいかなかった場合は、ジョブセンスリンクシゴト.inなどの転職サイトを利用しましょう。その頃には、の転職エージェント会社から転職のノウハウを伝授してもらっているので、自分で求人を探して応募しても成功する確率はアップしていると思います。

転職サイトでも上手くいかなければ、最終的にハローワークを利用しましょう。ただ、ハローワークーは質の低い求人が掲載されている可能性が高いので、見極めが肝心です。また、転職エージェントや転職サイトに比べると、給料水準も低いので、ハローワークは転職先が見つからなかった場合の最終手段という位置付けで考えた方が良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

適正年収を調べる

私も転職力診断してみたら、今の年収よりも『47万3千円』も高い結果が!

適正年収の他にも、『予想内定者数』や『企業分析力』などを分析して、総合順位もその場ですぐに判定してくれるので、自分の市場価値を客観的に判断できる。

公開日: 2014年7月8日
更新日: 2014年12月6日