年俸制だと残業代が支払われない?

私の会社は年俸制の給料システムを採用しています。成果主義なので会社に貢献した分給料に反映されるのは大変うれしいのですが、毎日朝から深夜まで働いているのに残業代が1円も支給されません。残業代を請求することは可能ですか?

質問者さんの場合は難しいでしょう。

サラリーマンであれば月給制がメインになりますが、特に外資系企業では年俸制を採用している会社が多いです。

私みたいにミーハーな奴からしてみれば、年俸制って聞くと高給取りのプロ野球選手をイメージするので、「年俸制って給料凄く良いんでしょ??」と思われるかもしれませんが、実際には残業代や賞与などの規定が無いので、質問者さんの様に毎日朝から夜中まで働いている労働者にとっては、月収制の方が残業代も支給されるし高くなる可能性が高いです。

時給に換算すると酷いという話をよく聞きます。

話が脱線しました。

年俸制には残業代と言う概念は基本的にありません。

その理由は、働く前に給料が決められているので、給料を決めた時点でどれだけ残業代が発生するか把握できないからです。

年棒に残業代も含まれている

残業代と言う概念は無いと言っても、労働基準法では1日8時間、1週間で40時間を超える労働時間に対しては、年俸制であっても管理職以外の一般社員であれば残業代を支給しなければいけないと決められています。

そこで登場するのが見込み残業です。

見込み残業とは?

見込み残業とは、給料の中にあらかじめ一定時間の残業時間が含まれていることを言い、主に営業など外出する機会が多く、労働時間の把握が難しいとされる職種で多く採用されています。

ちなみに、「見込み残業20時間分を含む」などの規定があれば、その時間を超えた残業時間に関しては残業代として支給するのは当然ですが、「年俸に時間外労働などの割増賃金分を含む」など時間の指定をしていない規程の場合は、何時間残業しても残業代は支払われないのが一般的です。

(年俸制の給料が月収制に比べると高い水準になっているカラクリはここにあります)

その分、全く残業しない場合でも見込み分の残業手当が受け取れるので、見込み残業が必ずしも労働者にデメリットがある制度とも言い切れません。

見込み残業については、また機会があれば詳しく説明します。

結局、年俸制だと残業代が支払われないの?

割増賃金分が年俸に上乗せされることが雇用契約書などに明記されていれば、原則として残業代を請求しても支払われることは無いと思って下さい。

但し、もともと月給制だったのが年俸制に変わり、年俸が単純に月収の12倍しかなければ、割増分の賃金が考慮されていないことが明白なので残業代を請求することは可能です。

スポンサーリンク

転職支援実績No.1

私もリクルートエージェントを利用して転職活動をしたことがありますが、コンサルタントは非常に親切で好感を持ちました。

希望に合った求人を紹介してもらえるので、在職中の方も仕事をしながら転職活動をスムーズに進めることが可能です。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2015年5月15日