年収は103万、130万以内に抑えたほうがお得?

私は現在、スーパーでパートタイマーとして勤務しています。職場の上司に、もうすぐ今年の年収が103万円を超えるので、勤務を控えた方がいいと言われました。なぜ抑えた方がいいんですか?

103万円以内に抑えることで所得税がかからないので、税金を払う必要がないため。

パートタイムやアルバイトとして働く場合、正社員と違って、働く時間・収入を気にしなければなりません。まず、年収が103万円を超えた場合で考えていきましょう。

年収が103万を越えると

年収が103万円を超えると収入に対する所得税がかかりません

(年収が100万円以下なら住民税もかかりません)

なぜ、103万円以下なら所得税がかからないかと言うと、アルバイトで得られる給料は『給与所得』と呼ばれます。そして、『所得控除』という所得に対して控除出来る額があります。基礎控除38万円と給与所得控除65万円=103万円が控除されます。

これは、全ての人に対して控除される額です。103万円控除されるということは、103万円以内に年収を抑えると、年収が控除額と同じ、もしくは控除額より低くなります。ということは、課税はされないということになります。

では、年収が125万円の場合、所得税はいくらかかるんでしょう?

所得税の課税率は控除後の所得に対して5%です。控除額が103万円なので、125万円-103万円=22万円が課税対象になります。

22万円×5%=1.1万

年間1.1万円の所得税がかかってきます。

これを、高いと思うか安いと思うかは微妙な所ですが、103万円以上稼ぎたい場合は、課税されるしか方法はありません。

年収が130万円を超えると

では、次に年収が130万円を超えると、どんなことが起きるのでしょうか?

103万円を超えるので、「所得税」と「住民税」がかかってきます。

ただ、それだけではありません。

130万円を超えると扶養から外れます。扶養から外れるととどうなるかと言うと、社会保険の加入義務が発生するので、自分で健康保険と国民年金に加入しなければいけません。

(130万円を超えなくても、社員と比較し勤務時間が3/4以上の場合でも社会保険の加入義務が発生します)

その支払だけで考えても相当な出費になります。

あと、扶養から外れるということは、扶養している側に問題が発生する場合があります。扶養であることによって会社からなにかしらの手当てを受けれる場合があります。

例を挙げると『配偶者手当』や『家族手当』がそれに当てはまります。

例えば、配偶者手当を月2万円貰っていた場合、年間24万円を失うことになりますので、注意が必要です。

これまでは、デメリットばかりを伝えてきましたが、自分で社会保険に入ることのメリットも存在します。

それは、自分で社会保険に入る事により、『傷病手当金』の支給対象になったり『厚生年金』の加入手続きが出来ます。傷病手当金は働けないことに対する手当金なので、被扶養者の方には適用されません。

傷病手当金とは?

年収130万円を超えれば、次に気をつけなければならないのが、年収160万円になります。

160万円を超えると税金の引かれる割合がアップします。160万円を超えると、もう何も考えずに稼ぎまくっても問題ありません。

スポンサーリンク

転職支援実績No.1

私もリクルートエージェントを利用して転職活動をしたことがありますが、コンサルタントは非常に親切で好感を持ちました。

希望に合った求人を紹介してもらえるので、在職中の方も仕事をしながら転職活動をスムーズに進めることが可能です。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2013年10月26日
更新日: 2015年3月3日