社員旅行に行きたくない場合は拒否できる?

来月社員旅行があるんですが、面倒なんで行きたくありません。拒否することは可能ですか?

拒否は可能です。しかし、損害を受ける可能性があります。

社員旅行は、基本的に従業員の親睦を高めるために行います。ほとんどの従業員は、楽しみにして参加するでしょう。

しかし、一部の従業員は『面倒くさい』『人と関わるのが嫌』などといった理由で、若い従業員を中心に、参加を嫌がる従業員もいるでしょう。

では、従業員は社員旅行を拒否することはできるのか?

まず、社員旅行に参加することが、業務命令にあたるかを考えます。その社員旅行が、ただ単に親睦を深めるための目的であれば、業務命令にあたらないと考えられますので参加しなくても問題ない場合がほとんどです。しかし、社員旅行を業務の一環と考え、その中で研修や会議などを含む場合は、業務命令にあたると考えられますので、参加義務が発生します。

有給休暇を使えばいいじゃないか!!』

と思われる人も多いでしょう。

所定労働日(平日)に社員旅行があった場合、有給休暇で逃げることは可能です。

しかし注意が必要です。

会社は有給休暇を使われることにより、業務の妨げになる場合、有給休暇の取得日を変更することが可能です。社員旅行を『業務の妨げ」と見なすのかは微妙ですが・・・ その場合は、有給休暇を使えないので、欠勤するしかありません(賃金カット)

では、休日の場合はどうでしょう。

休日の場合は、休日出勤扱いになりますので、36協定に基づく『休日出勤命令』になります。ですので、休日の勤務に対して、有給休暇を取得することができません。 欠勤扱いであれば社員旅行に行かなくてもいいです。

但し、体調不良や家族の見舞いなど、特別な理由がある場合、会社側は配慮しなければなりません。

ここまで、社員旅行の拒否の仕方を説明してきましたが、質問者様のように「面倒くさいから」という正当な理由で無い場合は、できれば行くことをオススメします。

面倒だと思っていても、行ってみると結構楽しかったりします。何事も経験です。社員旅行は、何事もなければ定期的に訪れます。(年1回など)

毎回、何かしら理由を付けて不参加だと、自分のイメージがどんどん悪くなります。

社員旅行の参加・不参加で人事の査定に影響がないとは言い切れません。 というか、社員とコミュニケーションがとれない社員は出世できません。社員旅行や飲み会など、積極的に参加することにより、上司の評価も上がるかもしれません。

スポンサーリンク

転職支援実績No.1

私もリクルートエージェントを利用して転職活動をしたことがありますが、コンサルタントは非常に親切で好感を持ちました。

希望に合った求人を紹介してもらえるので、在職中の方も仕事をしながら転職活動をスムーズに進めることが可能です。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2013年10月31日
更新日: 2015年3月3日