正社員として働きながらアルバイト(副業)をすることは可能?

私は現在、正社員としてとある物流会社で事務員として勤務しています。リーマンショック以降、業績不振で残業が減り給料がドンドン減ってきています。このままでは生活に支障が出るのでアルバイトをしたいと思っていますが、私の会社では副業を禁止しているのでアルバイトをすることができません。何とかしてアルバイトをする方法はありませんか?

会社がアルバイトなどの副業を認めていない場合でも、場合によっては認められる可能性があります

どの会社でも、アルバイトなどの副業を認めていないのが一般的です。但し、それはあくまで会社のルールなだけであって、労働基準法には副業を禁止するような法律はありません。

その理由は、会社はあくまで就業時間外においての社員の行動に関して制限しないからです。勤務が終われば後は何をしても良いと言う考えなので、アルバイトをしようが、個人事業をしようが、労働基準法に対しては何の問題もありません。

かと言って、就業規則ではアルバイトを禁止している会社がほとんどなので、会社のルールを破ってまでアルバイトをすることはあまりオススメはできません。アルバイトが原因で解雇などの懲戒処分を受ける可能性は低いですが、次に当てはまる場合は処罰の対象になります。

処罰の対象になるパターン

業務に支障が出る場合

アルバイトが原因で疲労が溜まって、作業効率が悪くなったり、遅刻や早退が繰り返される場合など、業務に支障が出た場合は処罰を受ける可能性があります。

会社に不利益を与えた場合

例えば、他の競合企業でアルバイトをして自社の情報を漏えいさせてしまった場合や、会社の社会的信用を傷つけてしまった場合には処罰を受ける可能性があります。その場合は、損害賠償の対象になりますので十分注意が必要です。

 

会社が副業を禁止する多くの理由は業務に支障がでることへの懸念です。しかし、リーマンショック以降、質問者さんの様に、残業無くなり給料が生活に支障が出るほどに減ってしまった場合は、会社にも責任がありますので、副業をしていても業務に支障がでなければ、会社は副業を認めてきている傾向にあります。

副業をすることを会社に言うことによって評価が下がるなどのペナルティーを受ける可能性があるので、会社に黙ってアルバイトなどの副業をしている人が多いですが(私もその一人です・・・)、トラブル防止の為にも出来るだけ事前に上司と相談することをオススメします。

スポンサーリンク

適正年収を調べる

私も転職力診断してみたら、今の年収よりも『47万3千円』も高い結果が!

適正年収の他にも、『予想内定者数』や『企業分析力』などを分析して、総合順位もその場ですぐに判定してくれるので、自分の市場価値を客観的に判断できる。

あわせて読みたい関連記事

公開日: 2014年10月4日
更新日: 2014年12月6日